松村劭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松村 劭
生誕 1934年
大阪府
死没 2010年1月28日
静岡県
所属組織 陸上自衛隊
軍歴 1958 - 1985
最終階級 陸将補
除隊後 技師評論家
テンプレートを表示

松村 劭(まつむら つとむ、1934年 - 2010年1月28日)は、日本の軍事評論家。専門は戦略・戦術研究・情報分析。デュピュイ戦略研究所東アジア代表を務め、国際戦略研究所会員であった。大阪府出身。東京都に在住した。

経歴[編集]

陸上自衛隊在隊間は陸上幕僚監部情報幕僚、同指揮幕僚、西部方面総監部防衛部長、第7師団第7戦車大隊長(当時。現・第71戦車連隊)、富士学校機甲科部副部長等の要職を歴任した。国際活動では、アメリカ陸軍指揮幕僚大学教官、在ジュネーブ軍縮代表部スタッフを経験している。

また、陸上自衛隊幹部学校時代の学友である楊鴻儒退役大佐との再会をきっかけに台湾を訪問。デュピュイ戦略研究所で考案された「定量的戦術判定法」(TNDM)の基本理論を、中華民国軍陸軍参謀本部の作戦部の人々に説明した。

2010年(平成22年)1月28日午後9時23分、十二指腸癌および肝臓、腹膜転移のため自衛隊富士病院で死去。

主要著作[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]