松本象二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 象二郎(まつもと しょうじろう、明治22年(1889年9月27日 - 昭和17年(1942年5月12日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍少将

経歴[編集]

鳥取県西伯郡崎津村(現在の米子市大崎)出身。父・松本林太郎は警官で、島根県八束郡美保関町(現在の松江市)や横田町(現在の奥出雲町)に勤務した。

象二郎は、小学校時代から水泳が得意で、大崎、安来間を平気で泳いだという。米子中学(現在の米子東高校)に入ってからは、大崎から学校までの10キロの道を、米川沿いに黙々と歩いて通った。米中を抜群の成績で卒業したが、海軍兵学校に入ったのは、卒業翌年の明治42年(1909年)9月である。

大正3年(1914年第一次世界大戦が勃発すると、ドイツ東洋艦隊の根拠地青島攻略戦に「千歳」乗組として参加した。以後、艦船勤務、呉海軍工廠で兵器製造の技術関係などの勤務についた。昭和16年(1941年)8月、特設工作艦「松栄丸」特務艦長に就任し太平洋戦争を迎えた。

昭和17年(1942年)5月8日、珊瑚海海戦があり、その直後の5月12日、基地に戻ろうとしていた「松栄丸」は米海軍潜水艦S-44」の雷撃を受けて沈没。松本艦長は、乗組員全員を脱出させた後、従容として艦と運命を共にしたという。享年54。没後、少将に昇進。

年譜[編集]

家族[編集]

父は警官。兄、弟ともに米子中学(現在の米子東高校)に進んだが、兄は中退して農業に従事し、弟は鳥取県師範学校(現在の鳥取大学地域学部の前身の一つ)に進んで教員になった。

脚注[編集]

  1. ^ 1941年12月発行の米中同窓会名簿に「海軍大佐、呉海軍工廠造兵部」とある。

参考文献[編集]

  • 『勝田ヶ丘の人物誌』(編集・勝田ヶ丘の人物誌編集委員会、発行・鳥取県立米子東高等学校創立百周年記念事業実行委員会 2000年、156-159頁)
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第10巻、発売:第一法規出版、1995年。

外部リンク[編集]