松本紹圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 紹圭(まつもと しょうけい、本名:松本圭介、1979年 - )は、日本の東京神谷町光明寺僧侶。武蔵野大学客員准教授。「未来の住職塾」塾長。「世界経済フォーラム(ダボス会議)」Young Global Leader(2013〜)及び Global Future Council Member(2019)。

自らの寺は持たず、Post-religion時代における現代仏教の可能性を追求する「ひじり」的僧侶。

略歴[編集]

1979年、北海道小樽市生まれ。北海道小樽潮陵高等学校東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒。2011年インド商科大学院(ISB)にてMBA取得。

大学卒業後、東京神谷町光明寺(浄土真宗本願寺派)にて仏道に入る。光明寺テラスでの「テンプルカフェ」や、本堂での音楽LIVEイベント「誰そ彼(たそがれ)」、お寺の朝掃除の会「テンプルモーニング」を主宰し、信仰や所属に関係なく、お寺を人々の居場所や集いの場、そしてよき習慣の場としてひらく。その他、オンライン寺院「彼岸寺」(higan.net)の立ち上げの他、MBA取得後の2012年には住職向けのお寺経営塾「未来の住職塾」を開講し、700名以上の宗派や地域を超えた宗教者の卒業生を輩出(2021年現在)。

2500年を経て受け継がれる仏法の智慧を現代に照らし、あらゆるボーダーを超える幅広い活動、発信を行う。

日々の執筆はnoteマガジン「松本紹圭の方丈庵」、音による配信はpodcast「テンプルモーニングラジオ」にて。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『おぼうさん、はじめました』(ダイヤモンド社|2005)
  • 『「こころの静寂」を手に入れる37の方法』(すばる舎|2009)
  • 『東大卒僧侶の「お坊さん革命」』(講談社・講談社+α新書|2010)
  • 『お坊さんが教えるこころが整う掃除の本』(ディスカヴァー・トゥエンティワン|2011)
  • 『脱「臆病」入門』(すばる舎|2012)
  • 『東大卒僧侶の「お坊さん革命」』 (講談社+α新書|2014)
  • 『こころを磨くSOJIの習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン|2019)
  • 『こころのお掃除 1日1掃』(三笠書房|2021)

共著[編集]

  • 『お寺の教科書:未来の住職塾が開く、これからのお寺の100年』(徳間書店|2013)
  • 『じぶんの学びの見つけ方』(フィルムアート社|2014)
  • 『人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣』(ワニブックス|2016)
  • 『地域とともに未来をひらく お寺という場のつくりかた』(学芸出版社|2019)
  • 『トランジション〜何があっても生きていける方法〜』(春秋社|2019)
  • 『みんなに喜ばれるお寺33実践集 ーこれからの寺院コンセプト』(興山舎|2021)

邦訳書[編集]

  • 『グッド・アンセスター わたしたちは「よき祖先」になれるか』(ローマン・クルツナリック、あすなろ書房|2021)

講談・講演[編集]

  • 2020
    • House of Beautiful Business「The Great Wave」
    • 株式会社NTTドコモ「バーチャル展示会」パネルディスカッション)登壇
  • 2019 世界経済フォーラム Network of Global Future Councils Global Future Council on Japanメンバーとしてドバイセッションに参加
  • 2018
    • NPO法人Japan Society「Book TALK」
    • NEC株式会社「マネジメントフォーラムin京都」

TV出演[編集]

  • 『魂のタキ火』NHK 2020年10月6日(初回放送)[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]