松本純弥 (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 純弥 Portal:陸上競技
Junya MATSUMOTO 20220417.jpg
2022日本学生陸上個人選手権大会
800m決勝
(4月17日 レモンガススタジアム平塚)
選手情報
ラテン文字 Junya MATSUMOTO
愛称 松純(マツジュン)[1]
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走
大学 法政大学
生年月日 (2000-09-28) 2000年9月28日(22歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 176 cm
成績
国内大会決勝 日本選手権
800m:8位 (2019年)
自己ベスト
100m 11秒20
200m 21秒99
400m 46秒76
800m 1分47秒02[2]
1000m 2分42秒20
1500m 4分02秒67
5000m 16分59秒68
編集 テンプレートのヘルプを表示する

松本 純弥(まつもと じゅんや、2000年9月28日[要出典] - )は、日本陸上競技選手。専門は中距離走

経歴[編集]

球技が苦手だったことから陸上競技を始め、小学生時代から駅伝大会に出場し、横浜市立錦台中学校[3]から本格的に陸上に取り組むようになる[4]。長距離走選手を志向していたが、法政大学第二高校進学後、「短距離みたいにスピードが求められ、長距離のようにレース展開の面白さがある」と800m走の魅力を感じて転向した[5]

高校2年生時、インターハイの予選を兼ねた関東大会南関東地区予選会の男子800m走で、クレイ・アーロン・竜波らを抑えて優勝[5](インターハイでは予選敗退)。3年生時のインターハイでは、男子800m走ではクレイ・アーロン・竜波に0.8秒差で敗れて準優勝に終わったが[6]、メンバーの1人として走った男子1600mリレー走で初優勝を果たした[7]。この後、第34回日本ジュニア・ユース陸上のU20男子800m走で優勝[8]

大学は法政大学経済学部に進学。1年生時から関東学生陸上競技対校選手権大会(関カレ)の男子800m走で優勝[9]日本選手権の男子800m走では予選で自己記録を更新する快走で決勝に進むも[10]、決勝では8位に終わったが[11]日本学生陸上競技対校選手権大会(インカレ)の男子800m走では関カレに引き続いての優勝を果たす活躍を見せた[12]。2年生時のインカレ男子800m走では、大会新記録となる1分47秒02で優勝し、2連覇を達成した[2]

スタイル[編集]

800m走では前半200mまでは後ろから行くのがおなじみで[1]、後半に追い上げる展開が多く、後半の走りとレース展開を作ることが自身の強みと語る[4]。かつて1500m走を専門にしていたときからこのようなレース展開をすることが多かったようで、その時の名残である[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 陸上界のまつじゅん(松本純弥)が優勝!”. ランナーズ・ジャーナル JAPAN (2019年5月26日). 2020年7月4日閲覧。
  2. ^ a b “法大・松本純弥が大会新で男子800m連覇「いいレースでした」”. スポーツ報知. (2020年9月13日). オリジナルの2020年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/WKM2s 2020年9月13日閲覧。 
  3. ^ “全国中学校体育大会 区内から4人出場へ 区役所で激励会”. タウンニュース 神奈川区版. (2015年8月13日). https://www.townnews.co.jp/0117/2015/08/13/295362.html 2020年7月4日閲覧。 
  4. ^ a b c 【企画】新人特集 法大を背負う未来のスター候補を発掘せよ!俺たちが選ぶイチ押しNO.1ルーキー 〜陸上部編〜”. スポーツ法政. スポーツ法政新聞会 (2019年8月24日). 2020年7月4日閲覧。
  5. ^ a b “松本(法政二)競り合い制す 男子800 陸上高校南関東予選会”. カナロコ. (2017年6月19日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-14443.html 2020年7月4日閲覧。 
  6. ^ “激闘インターハイ(後) 相洋勢が個人でも日本一”. タウンニュース 小田原・箱根・湯河原・真鶴版. (2018年8月25日). https://www.townnews.co.jp/0607/2018/08/25/445919.html 2020年7月4日閲覧。 
  7. ^ “インターハイ陸上・男子1600mリレー 法政二が初優勝「最後は気持ちで」”. 高校生新聞オンライン. (2018年8月7日). https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/4319 2020年7月4日閲覧。 
  8. ^ 日本ジュニア・ユース 松本純弥が800mで全国優勝!”. 部活動ブログ. 法政大学第二中・高等学校 (2018年10月23日). 2020年7月5日閲覧。
  9. ^ 第98回関東学生陸上競技対校選手権大会 豊田将樹選手(スポーツ健康学部4年)が400mH・松本純弥選手(経済学部・1年)が800mで優勝”. 法政大学 (2019年5月29日). 2020年7月4日閲覧。
  10. ^ “圧巻!高校生のクレイアーロン竜波が高校記録に迫る快走で予選トップ!【日本選手権2019男子800m予選】”. PLAYER!. (2019年6月27日). https://this.kiji.is/516905910011004001 2020年7月4日閲覧。 
  11. ^ “【陸上】第103回日本選手権Day2 男子800m決勝 クレイ・アーロン竜波が史上初の高校生優勝 日本歴代6位の1分46秒59!”. ベースボール・マガジン社WEB. (2019年6月28日). https://www.bbm-japan.com/trackandfield/17283746 2020年7月4日閲覧。 
  12. ^ 【陸上競技】天皇賜杯第88回日本学生対校選手権 3、4日目 400mH豊田&800m松本が関カレに引き続き優勝を果たす!!”. スポーツ法政. スポーツ法政新聞会. 2020年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]