松本紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 紀子(まつもと のりこ、 1924年2月11日[1][2]- )は、日本教育者

概要[編集]

東京都駒込生まれ[2]。仏教学者長井真琴の四女[2]。元学校法人鎌倉女子大学理事長(現在は学園主)、元鎌倉女子大学教授、国際ソロプチミスト鎌倉会長などを歴任[3][4]。鎌倉女子大学における幼稚部から大学部までの一貫教育に力を注ぎ、その発展に大きく寄与した。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高女卒業生訪問記” (日本語). 篁会. 2021年4月27日閲覧。
  2. ^ a b c 学園主・松本紀子先生の米寿をお祝いする会”. 学校法人鎌倉女子大学. 2021年12月閲覧。
  3. ^ 篁会 会長挨拶(2012年7月7日閲覧) Archived 2013年11月9日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 国際ソロプチミスト鎌倉会長 松本紀子さん(鎌倉ユネスコ会員のひろば)”. www.unesco.or.jp. 鎌倉ユネスコ協会. 2021年12月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]