松本糸魚川連絡道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本糸魚川連絡道路(まつもといといがわれんらくどうろ)は、長野県松本市新潟県糸魚川市を結ぶ予定で計画されている延長約100 kmの地域高規格道路である(高速道路ではない)[1]

略称として松糸道路(まついとどうろ)とも呼ばれる。

これが開通すると、糸魚川市含む北陸地方松本地域間などの自動車による所要時間が短縮される[2]

概説[編集]

当初は、長野県松本市波田に建設が計画されている中部縦貫自動車道に設置予定の波田IC(仮称)を起点とし、北陸自動車道糸魚川IC付近を終点とする、総延長約100 km(長野県側約80 km・新潟県側約20 km)の道路として予定制限速度60 - 80km/h、全線4車線で計画されていた。

しかし、2003年(平成15年)に国が地域高規格道路の構造要件を見直したこともあり[3]、現在は設計速度60 km/h、2車線の一般道路として計画されている。

長野県区間[編集]

2000年(平成12年)に長野県知事に就任した田中康夫は、平成14年の長野県議会において「現在の計画のまま進めるのではなく、見直しすることが望ましい」と述べ、既存道路の質を充実させるなどの検討をすることとした[4]。また、平成15年には国が地域高規格道路の構造要件を見直したこともあり[5]、同年の長野県議会において「大町以南は高瀬川右岸道路など既存道路の改良で対応するため、起点は豊科町のIC付近となる」と述べた[6]

2006年(平成18年)に長野県知事に就任した村井仁は、県議会で「整備の在り方は地元の意見を聞き、時間をかけて検討する」と説明し、波田IC、豊科IC、梓川スマートICなど複数案の検討を行った[7]

検討の結果、2008年(平成20年)10月に、長野道豊科IC北側に接続する案を県が発表した。豊科ICから約3 km離れた安曇野市の犀川東側に新たなIC(仮称:豊科北IC)を設置し、波田IC - 豊科北ICまでは長野道等を活用。豊科北IC - 高瀬川右岸道路までの間を新設の橋などでつなぐ案となっている。波田IC、豊科IC、豊科北IC、梓川スマートICの4案のうち、豊科北IC案が長野道までの距離の短さ、より低コストである点などを挙げて最適とした[8]

2011年(平成23年)7月に、安曇野市の仮称豊科北ICから高瀬川右岸道路に接続するルートについて、県が2案を示した。県は、地下水への影響等をふまえた上で、犀川・高瀬川・穂高川の三川合流部を東側に迂回するBルートを基本とした[9]

2013年(平成25年)3月に県が新総合交通ビジョンを策定し、松本糸魚川連絡道路を含む中信地方の交通インフラ充実等を目指す内容がまとめられた[10]

2016年(平成28年)1月に、県が仮称安曇野北IC(旧豊科北IC)から大町市街地南までの計画案を公表した。長野道との分岐点から県道高瀬川右岸道路の間は2011年に公表したBルートを一部修正し、既存の高瀬川右岸道路は立体交差などの部分的な改良を図り、大町市街地南までつなぐ計画となった[11]

新潟県区間[編集]

当初新潟県は、2008年にいくつかの「ルート帯」案を示し、2009年1月には住民アンケートを実施するなど道路整備に意欲を示していた[12]。しかし、2009年に“コンクリートから人へ”と銘打つ民主党政権を獲ると、全国に広がる公共事業縮減の波は新潟県にも押し寄せ、限られた予算の中で効率的に社会資本を整備するには、優先順位の明確化が不可欠となっていった。新潟県では、日本海軸の一部を構成する日本海東北自動車道(朝日温海道路)の整備を優先したため、松本糸魚川連絡道路を整備は先送りにされてきた経緯がある[12]

それでも2016年に発生した糸魚川市大規模火災からの復興や、とりわけ外国人に人気の高い長野県白馬エリアとの観光連携には、地域間移動を支えるインフラの存在が不可欠と判断し、整備主体となる新潟県は2017年度、一部の区間を除き、幅300 - 500 mの範囲で概ねの位置を示す「ルート帯」案を提示して同年8月迄に沿線住民への説明会を実施した[12]。その資料によれば、長野県境から平岩間は国道現道を活用し、平岩から小滝間はトンネル化を含めて引き続き検討、小滝から山本橋間は概ね国道現道を活用、山本橋から糸魚川ICは糸魚川市街地を迂回する姫川左岸ルートとなっている。構造規格は、道路標準幅員をW = 9.5 m、車線幅員をW = 3.25 mとし、車線の両側にW = 1.5 mの路側帯を設ける計画となっている。

現在までの経緯[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 長野県ホームページ http://www.pref.nagano.lg.jp/michiken/infra/doro/matsuito/index.html
  2. ^ 糸魚川市ホームページ http://www.city.itoigawa.lg.jp/2177.htm
  3. ^ 国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/road/ir/kihon/sir65.pdf
  4. ^ 平成14年 長野県議会9月定例会本会議 会議録 http://nagano.gijiroku.com/voices/g08v_search.asp
  5. ^ 国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/road/ir/kihon/sir65.pdf
  6. ^ 信濃毎日新聞/平成15年7月12日4面
  7. ^ 信濃毎日新聞/平成18年9月20日4面
  8. ^ 信濃毎日新聞/平成18年10月21日3面
  9. ^ 信濃毎日新聞/平成23年7月22日4面
  10. ^ 信濃毎日新聞/平成25年3月16日4面
  11. ^ 信濃毎日新聞/平成28年1月30日1面
  12. ^ a b c “松糸道路 年度内、一部ルート帯決定 新潟知事「しっかり進めたい」”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2017年8月8日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]