松本筑峯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつもと ちくほう
松本 筑峯
生誕松本 磐祐
1918年9月25日 (享年91歳)
日本の旗 日本石川県羽咋市白山市
死没2009年12月22日
日本の旗 日本東京都八王子市
国籍日本の旗 日本
出身校東京美術学校東京藝術大学師範科
職業書道家現代破体書道家教師
活動期間1940年から2009年まで
代表作月兔、それでも地球は動いている、大器晩成他多数
松本源祐(父)、松本和喜(母)
親戚石橋犀水(岳父)、松本保平 (兄)、松本源吾 (兄)、松本外祐 (兄)
家族松本子游(妻)、河野重陽(長女)、游高 (孫)

松本 筑峯(まつもと ちくほう、1918年大正7年)9月25日 - 2009年平成21年)12月22日)は日本の書家。現代破体書道の第一人者。石川県羽咋市に生まれ、茨城県下妻市で育つ。本名は磐祐。東洋書道芸術学会会長。松本書道会名誉会長。月刊書道誌『方円』・季刊書道誌『破体』発行。『破体書道史(中国編・日本編)』他著書多数。

世界各地で個展や破体展を開催。海外でも究極の書芸術「破体」に対しての評価は非常に高く、精力的に破体書道の普及に取り組んだ。大韓民国社会教育文化大賞・中国鎮江市文化交流貢献賞等を受賞している。

学歴[編集]

茨城県立下妻中学校(現在の茨城県立下妻第一高等学校)卒業

東京美術学校(現在の東京芸術大学)師範科卒業

来歴[編集]

美術学校在学中、書道漢字は石橋犀水、仮名は比田井小琴に師事。

一紙面上で、2つ以上の書体を組み合わせて表現するきわめて芸術性の高い書法「破体」の徹底的な研究を行なう。方勢(隷書)と円勢(金文草書)を組み合わせて表現する書法を確立した。恩師・石橋犀水のもとを離れ、破体書の創作・普及活動を展開した。

東京都美術館において年一回東洋書芸展(公募)を開催、また中国、韓国、マカオ、パリ、ハワイ、ウィーン、アテネ、ロンドン、ブラチスラバなどで海外展を開催し、世界各国で破体書に関心を寄せられるまでになった。

身近な作品[編集]

  • 映画 『千利休 本覺坊遺文』ポスター題字 東宝映画
  • 映画 『人間の約束』 タイトル・邸宅内全作品 西友映画
    • (1986年度日本唯一カンヌ映画祭公式参加作品)
  • ドラマ 『横溝正史傑作サスペンス・犬神家の一族』題字 テレビ朝日・にっかつ(1990年)
  • 碑文 茨城県下妻市多賀谷城址公園内『征きて還らざる人々』揮毫
  • 碑文 茨城県下妻市多賀谷城址公園内『戦後50周年記念碑』揮毫
  • 碑文 茨城県下妻市高道祖に『県営排水対策特別圃場設備事業竣工記念碑』揮毫
  • 碑文 石川県白山市一里野 開成社『松本源祐能美郡長遺徳記』と歌碑、揮毫
  • 建碑 中国 南京市顔真卿碑林に『飛々凌太清』
  • 建碑 中国 鎮江市焦山に破体碑亭『仙人如愛我挙手来相招』
  • 所蔵作品 盛岡橋本美術館内 破体3点 (橋本美術館閉館後盛岡市に移管)
  • 所蔵作品 茨城県立下妻第一高等学校為桜学習館 破体2点
  • 所蔵作品 茨城県下妻市博物館 破体5点
  • 所蔵作品 中国 鎮江博物館『旭日蒼松』
  • 収蔵作品 ポーランド・トルン地域博物館「晧月千里」(2010年)
  • 収蔵作品 チェコ・プラハ 国立美術館収蔵 「萬物は流転する」

関連項目[編集]

お別れの会[編集]

2010年(平成22年)1月30日(土)午前11時30分~午後1時30分に京王プラザホテル八王子5階「翔王」でとり行われた。 約500名の参列があり、故人を偲んだ。

脚注[編集]

外部リンク[編集]