松本竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松本 竜也
G matsumoto 41.png
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県木田郡三木町
生年月日 (1993-04-29) 1993年4月29日(24歳)
身長
体重
193 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松本 竜也(まつもと りゅうや、1993年4月29日 - )は、香川県木田郡三木町出身の元プロ野球選手投手)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

父親は三菱重工三原に在籍していた元社会人野球選手。その父の指導で、2歳の時に利き腕を左利きに矯正[1]。小学校3年生より「平井軟式スポーツ少年団」で野球を始める。三木町立三木中学校では2年生時の香川県大会において、7回15奪三振で完全試合を達成したほか、四国中学校秋季大会にも出場し準優勝[2]

高校は父親の勧めで、父親の寒川高校時代の監督である香川智彦が指導していた英明高校に進学[3]。1年夏からベンチ入りし、全国高等学校野球選手権香川大会初戦の尽誠学園高校戦において救援で高校野球公式戦初登板[4]。2年夏の香川県大会では投球練習で145キロをマーク[2]。上級生のエースとともに2枚看板と期待され[5]、初戦(2回戦)の高松西高校戦では救援、3回戦の藤井高校戦では先発で登板したが、いずれも制球難のため1アウトも取れずに降板[6]。チームは大会で初優勝し第92回全国高等学校野球選手権大会に出場。松本もベンチ登録されたが登板機会はなかった。新チームからエースとなったが、秋の香川県大会では準々決勝の寒川高校戦で敗退[7]した。

3年春の香川県大会では初戦で坂出高校に敗れたが、冬場の下半身強化で制球が安定し延長10回を1四球2失点[8]。夏の香川県大会では全6試合に先発登板し、47イニングで被安打28、61奪三振、15与四死球、自責点6。大会序盤の2試合4イニングで救援を仰いだ以外は一人で投げ切り、チームの2年連続香川県大会優勝と第93回全国高等学校野球選手権大会出場に貢献した。選手権では2回戦敗退であったが、18回を投げ3失点(自責点1)、20奪三振をマークした[2]。また、「英明のランディ・ジョンソン」との異名をとるようになった[9]

大会終了後に第9回AAAアジア野球選手権大会日本代表のメンバーに選出され、1戦目の香港戦と準決勝のフィリピン戦に登板した。

2011年10月27日に行われたプロ野球ドラフト会議藤岡貴裕を抽選で外した横浜ベイスターズ菅野智之を抽選で外した読売ジャイアンツが1位再指名で競合し、抽選の結果巨人が交渉権を獲得した[10]。11月13日に契約金7000万円、年俸720万円(金額はいずれも推定)で仮契約を行い[11]、11月23日に入団発表が行われ背番号が41番に決まった[12]。尚、松本は日本プロ野球界で日本人歴代最高身長サウスポーとなる[13]

プロ入り後[編集]

2013年、3月に胸から鎖骨にかけての違和感を訴え、検査の結果右側第1肋骨の疲労骨折が判明した。いったんは打撃投手役をこなすまでに回復したが、骨折箇所で新生した骨組織が神経を圧迫することで痛みが再発し[14]、7月10日に肋骨を切除する手術を受けた[15]速球が常時130km/hと高校時代より遅くなったこともあり、オフの課題に体重増と体作りを掲げた[16]

2014年、一軍での登板はなく、二軍では開幕戦で先発をつとめ、主に先発でローテーション投手となるなど自己最多の16試合に登板、3勝10敗の成績に終わる[17]

2015年、10月5日に福田聡志野球賭博に関与していた問題で、球団から告発を受けて調査していた日本野球機構の調査委員会は10月21日の中間報告で、福田、笠原将生と共に松本も2014年の試合で野球賭博に関与していたと発表した[18]。11月10日、日本野球機構より福田、笠原とともに失格選手として公示された[19]。それに伴い、今後は処分が解除されない限り、プロ野球界においての活動が一切できなくなる。

選手としての特徴・人物[編集]

スリークォーターから最速146km/hのストレートを投げ、変化球はフォークカーブ・横のスライダーが武器[2]。スライダーとフォークをコーナーいっぱいに投げ込む制球力をもつ[13]

憧れの投手はアニメMAJOR』の主人公・茂野吾郎[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 41 (2012年 - 2015年)

登場曲[編集]

  • 「Rising Sun」EXILE(2012年 - 2013年)
  • 「THE SHOW MUST GO ON」AK-69(2014年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ a b “ドラ1・松本竜、理想は「MAJOR・茂野吾郎」”. スポーツ報知. (2011年11月14日). オリジナル2011年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111114022001/http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20111114-OHT1T00046.htm 2011年11月14日閲覧。 
  2. ^ a b c d 週刊ベースボール2011年11月4日号 ベースボール・マガジン社発行
  3. ^ “親子2代の夢かなう/巨人1位指名・松本投手”. 四国新聞. (2011年10月28日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/local/20111028000164 2011年11月12日閲覧。 
  4. ^ 四国新聞2009年7月16日
  5. ^ 四国新聞2010年7月9日
  6. ^ 四国新聞2010年7月18日、23日
  7. ^ 四国新聞2010年10月3日
  8. ^ 四国新聞2011年3月27日
  9. ^ “「英明のランディ・ジョンソン」松本、圧巻の11K”. スポーツニッポン. (2011年8月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/08/10/kiji/K20110810001382120.html 2011年11月12日閲覧。 
  10. ^ 2011年 新人選手選択会議(読売ジャイアンツ)
  11. ^ 『読売新聞』2011年11月14日付夕刊(4版、4面)
  12. ^ 『読売新聞』2011年11月24日付朝刊(14版、25面)
  13. ^ a b “【巨人1位】松本竜也 甲子園で株上げた“R・ジョンソン”歴代最高身長左腕に”. スポーツニッポン. (2011年10月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/27/kiji/K20111027001904480.html 2011年11月12日閲覧。 
  14. ^ “松本竜、10日に肋骨手術 復帰時期は未定”. スポーツ報知. (2013年7月10日). http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20130709-OHT1T00253.htm 2013年7月10日閲覧。 
  15. ^ “松本竜が肋骨手術「一日も早い実戦復帰を”. スポーツ報知. (2013年7月10日). http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20130710-OHT1T00129.htm 2013年7月10日閲覧。 
  16. ^ 松本竜、先発ローテ奪取へ「さぬきうどん」バカ食いプラン スポーツ報知 2013年11月14日
  17. ^ 二軍開幕投手の松本竜ら6選手が契約更改読売ジャイアンツ球団公式サイト2014年11月12日配信
  18. ^ 巨人賭博 新たに2選手が関与,NHK 首都圏 NEWS WEB,2015年10月21日
  19. ^ 2015年度 失格選手2015年11月10日 日本野球機構・オフィシャルサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]