松本恒之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松本恒之助

松本 恒之助(まつもと つねのすけ、慶応2年2月29日[1]1866年4月14日) - 大正15年(1926年6月1日[2])は、日本の衆議院議員(猶興会→又新会中正会憲政会)。

経歴[編集]

伊勢国一志郡矢野村(現在の三重県津市)に伊勢新聞社創業者松本宗一の長男として生まれる[1]1883年明治16年)、同志社に入学するが、1885年(明治18年)に東京専門学校(現在の早稲田大学)に移り、1888年(明治21年)に卒業した[1]。卒業後は郷里に帰り、伊勢新聞社の経営にあたった[1]。また、津市会議員に選出された[2]

1904年(明治37年)、衆議院議員に補欠当選[3]第12回衆議院議員総選挙に至るまで連続4回当選を果たした。

その他、伊勢銀行取締役、津電灯株式会社取締役、大日本軌道株式会社取締役、伊勢鉄道株式会社社長、北海道拓殖銀行監査役、三重県農工銀行監査役などを務めた[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 大正人名辞典 p.941 1917.
  2. ^ a b c 衆議院議員名鑑 1962.
  3. ^ 『官報』第6412号、明治37年11月12日。

参考文献[編集]

  • 五十嵐栄吉 『大正人名辞典』 東洋新報社、1917年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年