松本律子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 律子(まつもと りつこ、1976年 - )は、日本のマリンバ/打楽器奏者

経歴[編集]

福島県出身。現在は相模原市在住。

 4歳よりピアノ、5歳よりマリンバ、12歳より打楽器を始め、東京藝術大学付属高校~昭和音楽大学卒業、中学校音楽教員~支援学校教員を経て演奏活動開始、現在に至る。

バロック、古典、エレクトロニクス、アンビエント、即興までの演奏活動の傍ら、小さなこどもたちに向けた「0歳から楽しもう⭐︎音楽を」プロジェクト、小中学校への訪問演奏などを、「朝起きたらまず畑へ行く」生活とともに続けている。一児の母。打楽器奏者としてはオーケストラ、吹奏楽での演奏を行う。

 J.Sバッハのマリンバソロ演奏をライフワークのひとつとする一方で、MalletKAT(電子マリンバ)や Abelton Live、Looper などの機材を使用したエレクロニクスサウンドとアコースティックマリンバを融合させた即興演奏、フィールドレコーディングした日常の音風景をマリンバと織りなすアンビエント作品制作を続ける。

 ”ADAMS" マリンバ(オランダ)、"BALTER" マレット(米国)エンドーサー。”コバケンとその仲間たちオーケストラ” メンバー。日本サウンドスケープ協会会員。

 武満徹、レイ・ハラカミの作品を敬愛し、0歳から100歳までのリスナーに音楽を届けることを目指している。

主な活動[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • Ritsuko - 2012年
  • 秘密のマリンバ(リツコエレクトロニカ) - 2015年
  • 「Time」-2020年

外部リンク[編集]

脚注[編集]