松本幸四郎 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ろくだいめ まつもと こうしろう
六代目 松本幸四郎
Kōshirō Matsumoto VI as Sōroku.jpg
屋号 高麗屋
定紋 四つ花菱 Yotsu Hana-bishi inverted.jpg
生年月日 1811年
没年月日 1849年12月17日
本名 藤間順次郎
襲名歴 1. 松本錦子
2. 五代目市川高麗蔵
3. 六代目松本幸四郎
4. 松本錦升
俳名 錦子・錦升
出身地 江戸
五代目松本幸四郎
当たり役
『伽羅先代萩』の仁木弾正
義経千本櫻』のいがみの権太

六代目 松本幸四郎(ろくだいめ まつもとこうしろう、文化8年(1811年) - 嘉永2年11月3日1849年12月17日))は、江戸の歌舞伎役者。俳名は錦子、錦升屋号高麗屋

父は名優五代目松本幸四郎。はじめ松本錦子の名で父の元で修業をつむ。1814年(文化11年)11月江戸市村座において五代目市川高麗蔵を襲名し初舞台。父の死後、1844年(天保15年)3月中村座で六代目松本幸四郎を襲名する。2年後の1846年(弘化3年)俳名の松本錦升を名乗る。

荒事や父譲りの『伽羅先代萩』(めいぼく せんだいはぎ)の仁木弾正(にっき だんじょう)や『義経千本桜』の権太などの実悪を得意としたが、大成を前に早世した。