松本尚子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 尚子(まつもと なおこ、1966年[1] - )は、日本の法学者。専門は西洋法制史上智大学法学部教授、ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト・アム・マイン法学博士法制史学会理事

人物[編集]

栃木県立宇都宮女子高等学校を経て、一橋大学法学部在学中にドイツケルン大学に留学。勝田有恒に師事し、大学卒業後、一橋大学大学院院法学研究科博士課程を経て、1997年ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト・アム・マイン法学博士の学位を取得[2]

日本学術振興会特別研究員、一橋大学法学部非常勤講師、北海道大学法学部講師を経て、2002年から上智大学法学部で准教授や教授を務め、神聖ローマ帝国や、近代ドイツのポリツァイ、行政、行政裁判所、裁判実務などについての研究を行う[3]

略歴[編集]

著作[編集]

著書 [編集]

  • 『戦時体制と法学者 1931~1952』(共編著)国際書院 2016年
  • 『ホイマン『ドイツ・ポリツァイ法事始』と近世末期ドイツの諸国家学』有斐閣、2016年

論文[編集]

  • 「近代ドイツの労働法制とジェンダー」三成美保編『ジェンダーの比較法史学 : 近代法秩序の再検討』大阪大学出版会、2006年
  • 「ドイツ近代労働法黎明期の労働訴訟」上智大学法学会編『変容する社会の法と理論』上智大学法学部創設五十周年記念、有斐閣、2008年
  • 「交渉の場としての調停」林康史編『ネゴシエイション : 交渉の法文化』国際書院、2009年
    • 他多数

脚注[編集]

  1. ^ 「著者略歴」『ホイマン『ドイツ・ポリツァイ法事始』と近世末期ドイツの諸国家学』
  2. ^ 「上智大学法学部国際関係法学科」Z会
  3. ^ 「松本 尚子 MATSUMOTO NAOKO」上智大学法学部
  4. ^ a b c d e f g h i j 「松本 尚子」上智大学法科大学院,「松本 尚子 」上智大学