松本宣子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松本 宣子(まつもと のりこ、1961年9月2日 - )は、三重県四日市市出身の日本柔道家。現役時代は72kg超級の選手。身長170cm。体重101kg。段位は五段。得意技は内股大外刈。兄は大相撲で活躍した巨砲丈士[1]

人物[編集]

暁高校から中京大学に進学すると、陸上競技砲丸投げで活躍して東海地区のチャンピオンにもなった。しかし、砲丸投げでは世界はおろか国内でも勝てそうにないと考えて、21歳の時に全日本選手権で2位になったこともある河原月夫が運営する川原道場に入門して柔道に転向することになった[1]。始めて1年もせずに体重別66kg超級で3位となった。1984年には愛知女子商業高校教諭になると、体重別72kg超級決勝では長崎西高校1年の坂上洋子を破って優勝を飾り、世界選手権代表に選ばれた。世界選手権の72kg超級では初戦でフランスのナタリナ・ルピノ袈裟固で敗れたが、無差別では準決勝まで勝ち上がるもののベルギーのイングリッド・ベルグマンスに袈裟固で敗れると、3位決定戦でも中国の高鳳蓮に優勢負けするが、柔道を始めて僅か2年余りで無差別において5位に辿り着いた。1985年には強化選手選考会決勝で坂上を破って優勝するが、体重別決勝では坂上に敗れて2位だった。また、福岡国際では3位になった。1986年には初開催となった女子の全日本選手権に出場して決勝まで進むが、自らより40kg程軽い61kg級の選手である東海大学八戸かおりに判定で敗れて2位に終わった。一方、体重別では決勝で坂上を破って2年ぶり2度目の優勝を遂げるが、世界選手権では72kg超級、無差別ともに初戦で敗れた。その後も体重別で何度も上位に入賞したり、強化選手選考会では2度優勝を飾ったものの、再び代表になるまでには至らなかった。引退後は指導者として活躍している。

主な戦績[編集]

(階級表記のない大会は全て72kg超級での成績)

脚注[編集]

  1. ^ a b [巨砲の妹が登場] 読売新聞 1983年9月11日 16面

外部リンク[編集]