松本大樹 (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつもと だいき
松本 大樹
本名 松本 大樹
生年月日 (1983-05-16) 1983年5月16日(39歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市灘区
職業 映画監督映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 2013年 -
配偶者 離婚歴あり
事務所 合同会社CROCO(代表)
主な作品

『みぽりん』 『コケシ・セレナーデ』

『極道系Vチューバー達磨』
テンプレートを表示

松本 大樹(まつもと だいき、1983年5月16日 - )は、日本の映像クリエイター、映画監督。株式会社オトシネマ代表取締役。映像制作会社CROCO代表。現在は神戸を本拠地として活動中。また日本撮影監督協会(青年部)会員でもある。

経歴[編集]

1983年5月16日生まれ、兵庫県神戸市灘区出身。小・中・高と青春時代を愛知県で過ごす。

ポストプロダクション、撮影技術会社など様々な映像制作関連会社で経験を積みながら、撮影・編集のノウハウを磨き、フリーランスの映像クリエイターとして独立。2013年に合同会社CROCOを創業する。

2019年には、「みぽりん」で映画監督デビューを果たす。この初監督作はカナザワ映画祭2019「期待の新人監督」観客賞、おおさかシネマフェスティバル2020ワイルドバンチ賞を受賞。同作は劇場公開されるや否や全国各地で「みぽらー」と呼ばれる熱狂的なファンを生み出し、「絶叫上映」という観客参加型のユニークな上映イベントも大変話題となった。[1][2][3]

コロナ禍になってからも、リモート映画や実写映画を継続的に製作。

2021年に製作総指揮・監督を担当した映画『極道系Vチューバー達磨』はゆうばり国際ファンタスティック映画祭2022ゆうばりチョイス部門に選出された。

2022年1月には、新たにオーディオコンテンツの制作・配信事業を行う株式会社オトシネマを起業。耳で聴いて心で感じる「オトシネマ」で様々なオリジナルキャラクター・ストーリーの展開を行い、2022年7月にはサービス開始以来、わずか約半年でAppleポッドキャスト・小説カテゴリー/ドラマサブカテゴリーで首位を獲得した。[4]

「極道系Vチューバー達磨」騒動[編集]

2021年9月11日に情報を公開した、同年公開予定の制作映画「極道系Vチューバー達磨」において、実在するVTuberである懲役太郎に設定等が酷似しているという指摘があり、同日中に懲役太郎本人がTwitterで反応した。それに対し松本本人が「懲役太郎さんの大ファンで参考にさせていただいた」と発言したことから、無断で表現を借用したものとして著作権的な問題はなかったのかと物議を醸している[5]

当映画は10月10日に高円寺シアターバッカスでのイベント「海道力也映画祭」で上映予定だったが、9月17日、上記の指摘を受けて中止することが発表され、予告編なども削除された。なお、指摘がなされた翌日には懲役太郎に事前の相談がなかったことを謝罪の連絡を行ったが、映画の今後の処遇については相談できていない状態であった[6]。10月9日、松本は同映画について、アバターの外見の変更、一部シーンの再撮影と再編集を行うことを表明した。懲役太郎に対し「事前におことわり、またご相談をしなかった点を深く反省し、その旨お詫びをいたしました」といった旨も報告した[7]

2022年2月23日、懲役太郎が同映画に対する対応とその経緯について、運営・管理を行っている俺太郎とともに説明する動画をYouTubeに投稿した。弁護士を通して松本と話し合いを進めていたが、松本のからの連絡が遅く、やり取りが進まず、現状が続けば裁判を起こすつもりもあることを報告している[7]

なお、同映画は2022年に完成。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2022のゆうばりチョイスに選出され、映画祭期間にHuluでオンデマンド配信が行われる[8]。同年8月28日には単独上映、9月23日には松本の過去作との併映を行う上映会が高円寺シアターバッカスで行われる[6]

作品[編集]

映画作品[編集]

  • みぽりん(2019年) カナザワ映画祭2019観客賞/おおさかシネマフェスティバル2020ワイルドバンチ賞受賞
  • はるかのとびら(2020年)
  • コケシ・セレナーデ(2020年)
  • 極道系Vチューバー達磨(2022年)

オトシネマ(オーディオコンテンツ)[編集]

  • 『ニャーフォン誕生』(2022年)
  • 『国立巫女学園まほろば』シリーズ(2022年)
  • 『ザ・ビターマン』シリーズ(2022年)
  • 『ギャラクシー王子』(2022年)
  • 『ニャリクサ』(2022年)

その他[編集]

  • アナ・ザ・ワールド(2020年・共同脚本)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 松本大樹映画『みぽりん』感想とレビュー評価。“アイドルとは何か”を狂気なボイストレーナーとの恐怖の5日間で描く|サスペンスの神様の鼓動25” (日本語). cinemarche.net (2019年12月13日). 2022年3月5日閲覧。
  2. ^ 背水の陣で臨んだ映画『みぽりん』“神戸インディーズ”へのこだわり 松本大樹監督インタビュー”. ホラー通信 (2019年12月29日). 2022年3月5日閲覧。
  3. ^ 関西・神戸で異例の盛り上がりを見せた低予算映画『みぽりん』。満を持して東京へ” (日本語). NB Press Online. 2022年3月5日閲覧。
  4. ^ 「オトシネマ」ポッドキャスト 国内オーディオドラマ分野【Apple podcast】の頂点へ”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月8日閲覧。
  5. ^ “映画『極道系Vチューバー達磨』が物議 VTuber懲役太郎の設定やデザインに酷似”. KAI-YOU.net. (2021年9月16日). オリジナルの2022年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220702142359/https://kai-you.net/article/81457 2021年9月17日閲覧。 
  6. ^ a b “映画「極道系Vチューバー達磨」映画祭での上映を急きょ中止に 実在VTuberとの類似で物議”. ねとらぼ. (2021年9月18日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2109/18/news045.html 2022年8月12日閲覧。 
  7. ^ a b “VTuber懲役太郎、パクリ騒動の映画と裁判か バーチャルの権利と判例の意義語る”. KAI-YOU.net. (2022年2月24日). オリジナルの2022年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220702144018/https://kai-you.net/article/82934 2022年7月2日閲覧。 
  8. ^ 2022年の入選作品が決定しました!”. ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 (2022年6月28日). 2022年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]