松本史朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 史朗(まつもと しろう、1950年 - )は、日本の仏教学者、博士。駒澤大学名誉教授。専門は仏教学、インド仏教史。その研究は批判仏教と呼ばれ、袴谷憲昭と共に仏教学研究に議論を巻き起こした。

来歴[編集]

東京都生れ。都立西高等学校卒。1969年早稲田大学第一文学部中退。1973年駒澤大学仏教学部仏教学科卒業。1981年東京大学大学院博士課程(印度哲学)単位取得満期退学1982年駒澤大学仏教学部助手[1][2]。1987年ウィーン大学にて在外研究。1995年「禅思想の批判的研究」で博士号(仏教学、駒澤大)取得。1995年駒澤大学仏教学部教授。2001年シカゴ大学客員教授。2020年3月、駒澤大学を定年退職[3]

著書に「仏教への道」「縁起と空」「チベット仏教哲学」「法華経思想論」「道元思想論」「仏教思想論 上下」など[4]

受賞[編集]

著書[編集]

論文[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 紀伊國屋書店. “著者紹介「法華経思想論」”. 2020年4月18日閲覧。
  2. ^ 東京書籍. “「仏教への道」”. 2020年4月18日閲覧。
  3. ^ researchmap. “研究者情報”. 2020年4月18日閲覧。
  4. ^ 紀伊國屋書店. “著書”. 2020年4月18日閲覧。

 

外部リンク[編集]