松本准平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松本 准平(まつもと じゅんぺい、1984年12月4日 - )は日本映画監督長崎県西彼杵郡出身。精道三川台中学校卒業。青雲高等学校卒業。吉本総合芸能学院(NSC)東京校12期生。東京大学工学部建築学科卒業。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。

略歴・人物[編集]

1984年(昭和59年)12月4日、長崎県西彼杵郡生まれ。カトリックの家庭に生まれ、幼少期からキリスト教の影響を強く受ける。中学時代はバスケットボール部で活躍した。

2007年平成19年)大学在学時、友人とNPO法人AOAを設立。法人の活動として映画製作開始。

作風[編集]

主に、愛、家族、罪、生といったものがテーマとされる。また、独特の幻想的な世界観をもった映像も特徴である。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

  • 『ほころび』(2007年)杉並区成人式記念上映
  • 『デーアフターつもろー』(2008年・短編) 出演|上山学 乙黒えり 高橋和也 波岡一喜
  • 『エデン』(2010年)
  • 『NEWS23 蛙男劇場』(2009年11月-2010年3月・監督|FROGMAN)脚本補佐

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]