松本光正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつもと みつまさ
松本光正
Gthumb.svg
生誕 (1943-04-08) 1943年4月8日(73歳)
日本の旗 日本・大阪府
国籍 日本の旗 日本
出身校 駒場東邦高等学校
北海道大学
職業 医師
活動期間 1962 - 現在
影響を受けたもの 中村天風
肩書き 関東医療クリニック院長

松本 光正(まつもと みつまさ、1943年4月8日 - )は日本の医師催眠医療や漢方薬を診療に取り入れる。中村天風研究家であり、天風会の講師。また、日本笑い学会講師、彩の国いきがい大学講師、シニア大楽講師など数多くの講演活動を行っている。

少ない薬と安価な医療を心がけ、外来をこよなく愛す内科医であり、「笑いはすべての病気の予防、治療になる」、「笑う門には福来たる。プラス思考が大切」をモットーとしている。趣味は野草、巨木を見ること、名所旧跡、温泉地を尋ね歩くこと[1]

経歴[編集]

大阪生まれの東京育ち。駒場東邦高等学校の2年生の時に中村天風の最晩年の弟子として指導を受ける。1962年に駒場東邦高等学校を卒業。1969年北海道大学医学部を卒業。1972年に医療生協さいたま勤務、浦和民主診療所所長に就任。1995年おおみや診療所所長に就任。2009年から関東医療クリニック院長。

著書[編集]

  • 『食品添加物の「非」科学』(芽ばえ社、1986年10月)川口啓明(共著)
  • 『お金いらずのダイエット』あなたもプラス思考でやせられる(地湧社、2003年3月)
  • 『「健診病」にならないために』健診数値なんて気にするな!(日新報道、2005年3月)
  • 『血圧心配症ですよ!』(本の泉社、2008年10月)
  • 『呆けない人の15の習慣』(本の泉社、2009年12月)
  • 『「健診病」なんかに負けるな!』検査、検査でかえって病気をつくってませんか?(日新報道、2010年6月)
  • 『笑いと健康―君子医者に近寄らず』(本の泉社、2010年12月)
  • 『高血圧を自力で治す本』(マキノ出版、2011年12月1日)大櫛陽一ほか(共著)
  • 『健康不安と過剰医療の時代』(長崎出版、2012年3月15日) 井上芳保ほか(共著)
  • 『飲み方をかえれば漢方は効く』効き目がよくわかる漢方薬ハンドブック(本の泉社、2012年9月21日)
  • 『人生いきいき 笑いは病を防ぐ特効薬』(芽ばえ社、2012年12月2日)
  • 『癌は治さなくていい』(長崎出版、2013年4月16日)
  • 『高血圧はほっとくのが一番』(講談社、2014年4月22日)
  • 『検診・手術・抗がん剤に頼らない癌の本』(あっぷる出版社、2015年11月16日)

その他[編集]

  • 雑誌『壮快』2010年5月号、マキノ出版
  • 雑誌『壮快』2010年10月号、マキノ出版
  • DVD『薬で下げない血圧革命』(松本光正サポート事務局、2011年)[2]

関連項目[編集]

  • 近藤誠 - 抗がん剤治療、がんの放射線治療を否定している医師
  • 内海聡 - 現代医療の9割を否定している医師

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 松本光正『血圧心配症ですよ!』本の泉社、2008年。
  1. ^ 松本光正への講演会依頼”. システムブレーン. 2015年1月2日閲覧。
  2. ^ 高血圧 薬で下げない血圧革命 90分で血圧が下がった事例 松本光正”. 2015年1月2日閲覧。