松本佐保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本佐保
人物情報
生誕 1965年(56 - 57歳)
学問
研究分野 国際政治史、国際関係、英語
学位 博士号 (Ph.D)(英国ウォーリック大学)
修士号(慶応義塾大学)
学士(聖心女子大学)
公式サイト
松本佐保公式HP
テンプレートを表示

松本 佐保(まつもと さほ、1965年 - )は、国際政治学者。専門は国際政治宗教の関係。東京都出身、日本大学国際関係学部教授[1]。父は文芸評論家松本徹。夫は英国人日英関係史研究者のアントニー・ベスト[2]

経歴[編集]

著作[編集]

  • 『バチカン近現代史 ローマ教皇たちの「近代」との格闘』中公新書、2013年、ISBN 978-4-12-102221-9
  • 『熱狂する神の国アメリカ 大統領とキリスト教』文春新書、2016年、ISBN 978-4166610815
  • 『バチカンと国際政治 宗教と国際機構の交錯』千倉書房、2019年、ISBN 978-4-8051-1144-4
  • 『アメリカを動かす宗教ナショナリズム』 ちくま新書、2021年
その他
  • Britain and the Papacy in the age of revolution, Royal Historical Society, 2003、
  • 「カトリック教会と国際政治ー教皇フランシスコはリベラルな国際秩序を主導できるか」『国際問題JIIA』No.675, 2018年10月
  • Britain and Italian imperial rivalry in the Mediterranean, 1912-14:the case of Egypt, Diplomacy and the State Craft, pp.297-314, June 2007, 
  • 『共生社会の再構築 III』大賀哲・中野涼子と共編、法律文化社、2019年

脚注[編集]

  1. ^ a b 名古屋市立大学ホームページ研究者データベース
  2. ^ 著書『大英帝国の親日派』(中公選書、2015年)P14、まえがきより

外部リンク[編集]