松応寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松応寺
Okazaki-Shououji-1.jpg
所在地 愛知県岡崎市松本町2丁目
位置 北緯34度57分52.14秒
東経137度9分42.26秒
座標: 北緯34度57分52.14秒 東経137度9分42.26秒
山号 能見山
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 1560年永禄3年)
開山 隣誉月光
札所等 三河三十三観音霊場 第5番
地図
松応寺の位置(愛知県内)
松応寺
法人番号 1180305000172
テンプレートを表示

松応寺(しょうおうじ)は、愛知県岡崎市松本町にある浄土宗寺院。山号は能見山。本尊阿弥陀如来。しばしば旧漢字で「松應寺」と表記する[1]

概要[編集]

松平広忠公御廟所
松應寺横丁にぎわい市(太子堂前にて)

1560年永禄3年)、徳川家康が父松平広忠菩提のため、隣誉月光を開山として本寺を創建した。手植えの松が緑深く、東方に伸長するのを見て家康は「我が祈念に應ずる松なり」と言ったという。ここから「松應寺」と名付けられた。

広忠は一説に天文18年3月6日1549年4月3日)、家臣岩松八弥に殺害されたと言われており、能見原で荼毘にふされた。

慶長期に入ると、松平氏ゆかりの寺社は家康の先祖に対する権威付けにより寺格が高められた。慶長7年(1602年)6月14日付で能見・菅生村に朱印地100石が寄進され、慶長10年(1605年)の広忠57回忌に際しては、松廟・拝殿・鳥居・玉垣をはじめ、坊中の浄誓寺・善入院・西光院・宗慶院・貞照院・林塔庵・存入庵・伝宗庵8か院に至るまでの再建工事が行われた[2]

慶長17年(1612年)1月26日には大坂へ進軍途中の徳川家康が本寺に参拝し、銀子・時服などの拝領が許された。元和9年(1623年)、将軍徳川秀忠徳川家光が上洛の途中で本寺を参拝。

寛永10年(1633年)、徳川家光が大造営を行い、翌寛永11年(1634年)、常紫衣綸旨を受けた。文化2年(1805年)、太子堂が建立される。

1945年(昭和20年)7月20日岡崎空襲により、御廟所と太子堂を除き焼失。1952年(昭和27年)、現在の本堂が落成した。

付近では老朽化した空き家の増加が進んでおり、この問題を解消するべく、2011年(平成23年)7月から路地や空き家を活用した「松應寺横丁にぎわい市」が年数回開かれている[3]

あいちトリエンナーレ2013」においては本寺が会場の一つに選ばれた。最終日の2013年(平成25年)10月27日には「クロージングイベント また逢う日まで」が開催された。

文化財[編集]

以下の物件が市の指定文化財に指定されている[4]

2018年(平成30年)4月3日、岡崎市教育委員会は下記の「松平広忠公御廟所」について、文化財の指定範囲を20倍以上に広げた。最近の調査により建造当初の構造が明らかとなったため[5]

指定名称 種別 指定年月日 所在地
絹本著色十六羅漢像 絵画 1960年(昭和35年)3月10日 松応寺
松平広忠使用床几 工芸品 1960年(昭和35年)3月10日 岡崎市美術博物館
鎌倉彫大香合 工芸品 1960年(昭和35年)3月10日 松応寺
松平広忠使用青貝鞍 工芸品 1960年(昭和35年)3月10日 岡崎市美術博物館
秋草文平蒔絵提箱 工芸品 1987年(昭和62年)7月15日 松応寺
松平広忠公御廟所 史跡 1962年(昭和37年)6月15日 松応寺

札所[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岡崎市の「指定文化財目録」や『新編 岡崎市史』などでは「松応寺」と表記されているため、本稿もそれに拠った。
  2. ^ 『新編 岡崎市史 近世 3』 新編岡崎市史編さん委員会、1992年7月1日、123-124頁。
  3. ^ 松應寺横丁まちづくり協議会 | おかざき市民活動情報ひろば
  4. ^ 岡崎市指定文化財目録 | 岡崎市ホームページ
  5. ^ 中日新聞』2018年4月5日付朝刊、西三河版、18面、「家康の父・広忠廟所 文化財指定の範囲拡大」。

参考文献[編集]

  • 『新編 岡崎市史 総集編 20』 新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、190-191頁。
  • 『岡崎 史跡と文化財めぐり』 岡崎市役所2003年1月1日、34頁。