松平頼該

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼該(まつだいら よりかね、文化6年3月14日1809年4月28日) - 慶応4年8月10日1868年9月25日))は、幕末高松藩の藩主一門の人物で、仏教改革者。通称左近(さこん)。号は橘斎、橘舎、金岳、如水庵。別称に宮脇公。幼名は隆之丞、道之助。江戸小石川出身。

略歴[編集]

高松藩8代藩主松平頼儀の長男に生まれる。異母弟の頼胤が生まれると疎まれ、8歳のとき国元高松に移される。31歳で高松藩城下の宮脇村亀阜荘へ隠居する。その後、幕末の勤皇志士と交わり、日柳燕石藤川三渓らを庇護した。また本門佛立宗高松八品講を組織する。

戊辰戦争で高松藩は、慶応4年(1868年)1月3日の鳥羽・伏見の戦いに幕府側として加わったことから朝敵となり、官軍による征討の対象となった。藩内には、官軍を迎え討って戦火を交えることを辞さない意見もあったが、頼該が藩論をまとめ、1月18日に家老の小河又右衛門久成(おごう またうえもんひさしげ)と小夫兵庫正容(おぶ ひょうごまさしず)を切腹させて首を鎮撫使に差出し、藩主頼聰を城から出させて浄願寺にて謹慎させ、官軍に恭順を示し高松藩を戦火から救った。頼該は同年のうちに死去した。享年60。大正4年(1915年)11月、贈正四位

関連項目[編集]