松平頼かた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「松平頼筠」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

松平 頼筠(まつだいら よりかた、享和元年6月13日1801年7月23日) - 天保10年5月17日1839年6月27日))は、常陸宍戸藩の第7代藩主。宍戸藩の本藩である常陸水戸藩の第7代藩主・徳川治紀の四男。徳川斉昭の弟。母は中沢氏。正室は第5代藩主・松平頼救の娘・金。官位は従五位下。大炊頭。主税頭。

生涯[編集]

幼名は詮之允。文化4年(1807年)、先代藩主の松平頼敬(治紀の従弟にあたる)の死去により、その養嗣子となって跡を継いだ。天保10年(1839年)5月17日に死去し、跡を養嗣子の頼位(頼敬の弟)が継いだ(ただし、前日の5月16日に隠居して家督を譲っていたとも伝わる)。

法号は又玄院殿道誉上徳先天大居士。墓所は茨城県常陸太田市瑞竜町の瑞龍山