松平直知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平直知
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 貞享元年12月14日1685年1月18日
死没 宝永元年11月9日1704年12月5日
改名 岩二郎(幼名)、直知
墓所 東京都港区虎ノ門天徳寺
東京都府中市多磨町多磨霊園
官位 従五位下内膳正
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
賄料1万俵江戸定府
氏族 越前松平家支流糸魚川松平家
父母 松平直堅
兄弟 直知亀姫山口弘豊正室、赤松範主
直之亀姫
テンプレートを表示

松平 直知(まつだいら なおとも)は、江戸時代前期から中期にかけての大名官位従五位下内膳正福井藩越前松平家分家2代。

生涯[編集]

貞享元年(1684年)12月14日、松平直堅の長男として江戸に誕生。

元禄8年(1695年)3月には5代将軍・徳川綱吉に拝謁する。元禄10年(1697年)、父の死去により家督を継ぐ。宝永元年(1704年)に従五位下・内膳正となるが、同年11月9日に21歳で死去した。江戸西久保天徳寺に葬られた。実子が無かったため、妹の亀姫(養女)の婿養子となっていた直之が跡を継いだ。

系譜[編集]

先代:
松平直堅
福井松平家分家当主
2代: 1697年 - 1704年
次代:
松平直之