松平昭訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 昭訓(まつだいら あきくに、嘉永元年12月29日1849年1月23日) - 文久3年11月23日1864年1月2日))は、水戸藩徳川斉昭の十四男。江戸幕府第15代将軍徳川慶喜の弟に当たる。幼名余四麿。贈従四位下

長兄の水戸藩主徳川慶篤とともに上洛し、若年ながら慶篤をよく補佐した。しかし、文久3年(1863年)11月23日[注釈 1]京都滞在中に病気に罹り死去。墓所は京都の長楽寺にある。

代わって、昭訓の看病の名目で上洛した弟の余八麿(後の徳川昭武)が慶篤の補佐役となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 没日は『水戸様系譜』[1]によれば元治元年 (1864年) 5月11日

出典[編集]

  1. ^ 「水戸様系譜」『徳川諸家系譜』2、斎木, 一馬; 岩沢, 愿彦; 戸原, 純 (校訂)、続群書類従完成会、1974年