松平昌勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平昌勝
Matsudaira Masakatsu.jpg
松平昌勝像(天竜寺蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永13年3月11日1636年4月16日
死没 元禄6年7月27日1693年8月28日
改名 千菊丸(仙菊丸、幼名)→昌勝
戒名 見性院殿従四位下前中書鉄関了無大居士
墓所 福井県吉田郡永平寺町松岡の天竜寺
東京都品川区南品川の天竜寺
官位 従四位下、中務大輔
越前松岡藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平忠昌、母:幾久(白石氏)
兄弟 昌勝光通長松徳松昌親
万姫(松平綱隆正室)、
国姫(本多重昭正室、後に飛鳥井雅直室)、
千姫(高寿院、毛利綱広正室)、布里姫(土井利直継室)
正室:菊姫(松平定行の娘)
側室:中根氏、上坂氏、秋山氏など
綱昌(長男)、昌平(三男)、昌純(四男)、昌邦(六男)、昌賁(七男)、娘(諏訪忠虎正室)、娘(大田原清信正室)、娘(松平吉透正室)

松平 昌勝(まつだいら まさかつ)は、江戸時代前期の大名。越前松岡藩の初代藩主。松平忠昌の長男。

生涯[編集]

寛永13年(1636年)3月11日、越前福井藩主・松平忠昌の庶長子として江戸で生まれた。多賀谷村広が傅役を命じられた。

忠昌の死後、その遺言により正保2年(1645年)に5万石を分与され、慶安元年(1648年)に芝原と呼ばれていた地を松岡と改め、松岡藩を立藩した。3年ほどかけて松岡館が建てられた。同年12月31日、従五位下中務大輔に叙任。慶安4年(1651年)には昌勝、光通、昌親の兄弟揃って、日光の家光廟普請の手伝いを命じられている。

承応2年(1653年)、祖母を偲んで領内に永平寺末寺として清涼山天竜寺を建立した。寺の山号は祖母の清涼院から取られ、寺名の天竜寺は、住職が以前にいた江戸品川の天竜寺から名づけられた。松岡藩主家の菩提寺であり、のち昌勝の子が福井藩を継ぐと、福井藩の菩提寺のひとつとなった。また、この前後に領内の治水を行うと共に松岡館に外濠を掘り、土居(土塁)をめぐらせ拡充した。寛政4年(1792年)7月27日、昌勝百回忌を記念して昌勝の像が作られ、同寺に安置された。現在も寺内には昌勝を祀る「御像堂」があり、現在でも毎年「御像祭」が行われ、その際に一般公開されている。

承応3年(1654年)、松岡に初入部した。地元では温厚で、領民に対し気さくな人柄であったとの話が残る。乗馬などの武芸以外にも、川での漁、鵜飼い、水泳、相撲に博奕、和歌などを好んだともされる。また、殖産興業に勤め、特に鋳物の産業が発展した。寛文3年(1663年)12月28日には従四位下に上った。貞享3年(1686年)に正式に福井藩から独立経営することを認められた。

その後も本家の家督を継げなかったことに不満を持ち、たびたび本藩に介入し、後に起こる福井藩の家督騒動の一因を作ることとなった。光通の死後はさらに弟の昌親が相続し、昌勝が福井藩の藩主になることは最後までなかった。

元禄6年(1693年)7月27日に江戸浅草の屋敷にて58歳で死去し、跡を三男の昌平(後の宗昌)が継いだ。

土芥寇讎記』に拠れば、「分限より奢り、美少年を好み、常に酒宴を催していた」が、「今のところ悪事を働いていないので、中の下の将」であるとされている。

関連項目[編集]

  • 片山良庵 - 松岡藩立藩の際、昌勝付きとなった軍学者。藩庁・松岡館を造営。

外部リンク[編集]