松平忠房 (小幡藩嫡子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 忠房(まつだいら ただふさ、明和2年4月16日1765年6月4日) - 寛政元年5月11日1789年6月4日))は、上野小幡藩の嫡子。第2代藩主・松平忠福の長男。母は本庄資順の娘。正室は間部詮方の娘。子は松平忠恵(長男)。官位は従五位下、釆女正。

明和2年(1765年)、2代藩主・忠福の長男として生まれる。安永9年(1780年)に徳川家治御目見し、従五位下釆女正に叙任されたが、家督相続前の寛政元年(1789年)に早世した。代わって弟の忠彊が嫡子となった。