松平忠彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 忠彦(まつだいら たださと、文化2年9月9日1805年10月30日) - 天保12年4月27日1841年6月16日))は、江戸時代後期の武蔵忍藩第2代藩主。奥平松平家10代。

生涯[編集]

奥平松平家8代、桑名藩松平忠翼の三男として生まれる。正室は池田斉稷の娘。兄忠堯の養嗣子となり、天保7年(1836年)には従四位下式部大輔に叙任され、天保9年(1838年)には兄の隠居に伴って家督を相続した。在任2年足らずで死去し、弟の忠国が家督を相続した。