松平康政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 康政(まつだいら やすまさ、慶長9年(1604年) - 寛永7年10月17日1630年11月21日))は、江戸時代の人物。和泉国岸和田藩の嫡子。松平康重の長男。母は徳永寿昌の娘。正室は酒井忠勝の娘。子に松平康朗(長男)、娘(水野勝貞正室)。官位は従五位下、左近大夫。

松井松平家の嫡男として生まれ、元和4年(1618年)叙任する。しかし、家督相続前の寛永7年(1630年)に早世した。長男・康朗があったが、嫡子の座は弟の康映が継ぐこととなった。