松平康宦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平康宦
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 明暦3年(1657年
死没 享保12年4月9日1727年5月29日
改名 松千代丸(幼名)→康宦→優山(法号)
別名 康長、康賢、康程
戒名 泰嶺院殿相誉寂道至閑大居士
墓所 京都府京都市左京区黒谷の光明寺
官位 従五位下、主計頭、周防守、弾正少弼
幕府 江戸幕府
石見浜田藩
氏族 松井松平家
父母 父:松平康映
兄弟 康宦康明村瀬康致
正室:阿部正能の娘
康員康房
テンプレートを表示

松平 康宦(まつだいら やすのり)は、石見浜田藩の第2代藩主。松井松平家3代。の読みは「やすひろ」とも。

生涯[編集]

明暦3年(1657年)、初代藩主・松平康映の三男として浜田で生まれる。兄が早世したために世子となり、寛文11年12月28日(1672年)に従五位下・主計頭に叙位・任官する。延宝2年(1674年)12月に父が死去したため、延宝3年(1675年)2月25日に家督を継ぎ、4月に周防守に遷任する。

延宝4年12月15日(1677年)、弟の康明に邑智郡八色石で新田2000石を分与した。宝永2年(1705年)1月27日、家督を長男の康員に譲って隠居し、弾正少弼に遷任する。享保12年(1727年)4月9日に浜田で死去した。享年71。