松平定温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 定温(まつだいら さだはる、享保9年(1724年) - 宝暦12年4月11日1762年5月4日))は、伊予今治藩の世嗣。第5代藩主・松平定郷の長男。母は松平定基の娘・遊。正室は池田仲央の娘。子は松平定休(長男)、松平常次郎松平幾五郎、富子(有馬允純正室)、遥(遠山友随正室)、鶴、金(堀田正穀正室)。官位は従五位下、主水正、駿河守。

今治藩主の嫡孫として生まれ、元文3年(1738年徳川吉宗に拝謁し叙任する。宝暦4年(1754年)には駿河守に任官するが、家督相続前の宝暦12年(1762年)に39歳で早世した。代わって長男の定休が嫡子となった。