松平定吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松平定吉
松平定吉供養のために築かれた遠江塚(静岡県掛川市下俣)[1]
真如寺の廟所

松平 定吉(まつだいら さだよし、1585年天正13年) - 1603年12月13日慶長8年11月11日))は安土桃山時代の武将。遠江国掛川藩の世嗣。

松平定勝の長男。母は奥平貞友の娘(たつ、二之丸殿)。徳川家康は伯父にあたる。官名は従五位下、遠江守。定友とも名乗る。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで伯父・家康に従う。翌年、従五位下遠江守に叙任。同8年(1603年)、家康の面前で鷺を射落としたが、家康に「無駄な殺生」だと叱責され、それを恥じて掛川にて自害した。享年19。自照院殿と贈られ、掛川真如寺に葬られた。代わって、弟の定行が嫡子となった。

文政11年(1828年)、稚国玉命(わかくにだまのみこと)と神号を贈られ、社号を豊坂神社といい、松山城がある勝山山麓の東雲神社内に勧請され祀られた。

定吉を扱った文芸作品が存在し、田宮虎彦の『鷺』などが有名である。

脚注[編集]

  1. ^ 遠江塚”. 掛川市. 2013年11月22日閲覧。