松平大弐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 大弐(まつだいら だいに、文政6年(1823年) - 元治元年8月11日(1864年9月11日))は、幕末武士金沢藩家老前田家家臣前田慶寧側用人[1]本名は康正(やすまさ)。通称は鉄吉郎、玄蕃。

脚注[編集]

参考文献[編集]