松川昌藏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松川昌蔵

松川 昌藏(まつかわ しょうぞう、1892年明治25年)2月3日[1] - 1973年昭和48年)4月23日)は、日本の衆議院議員立憲政友会)、一関市長弁護士

経歴[編集]

岩手県東磐井郡松川村(現在の一関市)出身[1]1918年京都帝国大学法科大学独法科を卒業。司法官試補から岐阜、水戸各地裁検事、福島地裁若松支部判事を歴任した後、1923年に退官して弁護士になる[1]一関町議、岩手県議、一関町長などを務め、1936年第19回衆議院議員総選挙で立憲政友会公認で立候補して当選し、以来3期務める。戦後の1946年の総選挙日本自由党公認で立候補して当選。しかし、翌年公職追放となる[2]。追放解除後の1952年に一関市長に就任し、1954年まで歴任した。

この他東北砂利採取(株)代表取締役社長なども務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『岩手県名士肖像録』p.204
  2. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛西磐井郡」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年327頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『御大典記念 岩手県名士肖像録』 岩手県名士肖像録刊行会、1930年
  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。