松崎正泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松崎 正泰(まつざき まさひろ、1978年9月13日 - )は、地方競馬大井競馬場栗田泰昌厩舎所属の騎手勝負服の柄は胴白・赤山形一本輪、袖黒。東京都出身、血液型A型、身長166cm、体重47kg。

来歴[編集]

松浦備厩舎で7年間の調教厩務員生活を経て[1]2006年6月1日付けで地方競馬騎手免許を取得[2]し、同厩舎からデビュー。2006年6月26日大井競馬第6競走C1六組七組条件戦7番人気セイフクガールで初騎乗(2着)[1]。同年7月11日大井競馬第7競走3歳条件戦を10番人気マツノカルペールで勝利し、デビュー7戦目で初勝利[3]

2007年6月1日付けで松浦備厩舎から松浦裕之厩舎へ移籍[4]

2008年1月14日第22回全日本新人王争覇戦出場(11頭立て3着)[5]。同年9月17日大井競馬第6競走C2六組七組条件戦で落馬し負傷、長期の入院生活を余儀なくされた。

2009年3月初旬に調教での騎乗を再開し、4月23日大井競馬第9競走フォーチュネイトはなみずき特別(3歳選定馬選抜馬)7番人気レディカサロスで7ヶ月ぶりとなるレースでの騎乗を再開した(13頭立て5着)[6]

2010年5月7日付けで、松浦裕之厩舎から栗田泰昌厩舎へ移籍[7]

地方通算成績は319戦11勝・2着13回・3着22回・勝率3.4%・連対率7.5%(2009年7月3日現在)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]