松崎みずほ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
アジア大会
2002 釜山 78kg級
アジア柔道選手権
2003 済州島 78kg級
2000 大阪 78kg級
2001 ウランバートル 78kg級

松崎 みずほ(まつざき みずほ、1979年1月20日 -)は熊本県上益城郡御船町出身の日本柔道家。現役時代は78kg級の選手。身長161cm。得意技は背負投[1][2]

人物[編集]

最初はバレエに取り組んでいたが、小学校6年の時に近所にある山下泰裕を育てたことで知られる白石礼介の運営する道場で柔道を始めることになった[2]九州学院中学から九州学院高校へ進むと、1,2年の時に全国高校選手権72kg級を連覇した[2]。1997年に帝京大学に進むと、大学2年の時には全日本ジュニア78kg級で優勝して、世界ジュニアでも2位となった[2]。また、この年から体重別決勝では警視庁阿武教子に4年連続で敗れて2位にとどまることにもなった[2]全国女子体重別では2連覇を果たした。さらに1999年12月の福岡国際では優勝を飾った[2]。2001年にはコマツ所属となると、実業個人で優勝を飾った[2]。また、当時としては珍しい賞金大会であるグランプリ・セビリアにも出場して優勝を果たした[3]。2002年にはフランス国際でも優勝したが、体重別では3位に終わった。ワールドカップ国別団体戦では準決勝のフランス戦のみに出場して敗れたものの、チームは優勝を飾った[1]アジア大会では2位に終わった。2003年の体重別では2年ぶりに決勝まで進むが、またもや阿武に敗れることになった[1]アジア選手権では3度目の出場でようやく優勝を果たした[3]。2004年には全日本選手権の準決勝で綜合警備保障塚田真希小外掛で敗れたものの3位となった。2005年の体重別では決勝で淑徳大学中澤さえ袈裟固で敗れて体重別6度目の2位にとどまった[3]。同じ階級に阿武教子がいたために、世界で活躍できるだけの実力を有しながら長いこと2番手に甘んじて、ついに代表になることが出来ずに終わった[4]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「平成16年度後期男女強化選手名鑑」近代柔道 ベースボールマガジン社、2005年2月号
  2. ^ a b c d e f g 「解体新書 松崎みずほ」近代柔道 ベースボールマガジン社、2001年11月号、91-94頁
  3. ^ a b c KOMATSU : 戦績一覧
  4. ^ 日米女子柔道の交流

外部リンク[編集]