松島町 (小松島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 徳島県 > 小松島市 > 松島町
松島町
—  町丁  —
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 徳島県
市町村 小松島市
人口 (2016年(平成28年)2月末現在 小松島市の調査より)
 - 計 614人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 773-0003

松島町(まつしまちょう)は、徳島県小松島市町名郵便番号は〒773-0003。2016年2月末現在の人口は614人、世帯数は266世帯[1]

地理[編集]

小松島市の北部、中心市街地に位置する。東は徳島県道178号小松島港南小松島停車場線をもって南小松島町と隔てて、南は菖蒲田川の支流をもって堀川町と接続、北は神田瀬川により小松島町と相対している。

地蔵院を中心として元禄年間より、東西に北町・中町・新町と町並みが形成され、商業地域として栄え現在に至っている。千歳橋を通過する徳島県道120号徳島小松島線(旧国道55号)は徳島市と県南両方の市街地を結んで、神代橋筋商店街・千歳橋筋商店街を形成している。

徳島藩政時代から市街開発がおこなわれておりで、阿波藍が隆盛を極めたころ、藍の豪商たちは多くこの地に集まり、ここを本拠として全国にその販路を拡大した。今もなお豪商の大邸宅が残され、その面影をしのぶことができる。

小松島中央会館・南小松島公民館があり、阿波銀行四国銀行の小松島支店や徳島信用金庫など金融機関が多い。

河川[編集]

歴史[編集]

昭和47年より現在の町名となる。元は小松島市小松島町の一部。通称中町・北町・新町などいずれも元禄期から形成された市街地で、小松島市のほぼ中央に位置し、早くから開けた地である。

地名は、松島はデルタ地帯の高位面に位置し、が生い茂っていたことに由来している[2]

施設[編集]

かつて存在した施設

交通[編集]

道路[編集]

都道府県道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小松島市 市の人口(平成28年2月末) Archived 2016年3月7日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 西の口風土記

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度0分26.9秒 東経134度35分6.8秒