松岡城 (摂津国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松岡城(まつおかじょう)は、南北朝時代摂津国(現在の神戸市須磨区大手町先)にあったと言われる日本の城山城)である。しかし城郭のような構えはなく、丘の地形と自生していた笹を生かしたに近い簡素なものであった。

概要[編集]

観応の擾乱の際に足利直義との戦いで敗れた兄の足利尊氏は、参謀である高師直高師泰を引きつれこの城に逃げてきた記録が残っている。