松山茂助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松山 茂助(まつやま もすけ、1890年12月2日 - 1973年6月25日)は日本の醸造学者実業家

長野県下水内郡飯山町(現飯山市)の酒造業者に生まれる。旧制飯山中学(現長野県飯山北高等学校)を経て北海道帝国大学農学部卒業。ビール醸造学を修めて1919年日本麦酒鉱泉に入社。カタラーゼに関する研究で農学博士号を得る。研究部長となりドイツに留学。1961年日本麦酒(サッポロビール)社長に就任。著書に「麦酒醸造学」、歌集に「川」[1]がある。

参考文献[編集]

  1. ^ 松山茂助 まつやま-もすけ”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンク. 2014年10月20日閲覧。
  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年