松山太陽光発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯33度54分 東経132度44分 / 北緯33.9度 東経132.73度 / 33.9; 132.73 松山太陽光発電所(まつやまたいようこうはつでんしょ)とは、愛媛県松山市勝岡町に建設された四国電力太陽電池パネル式の太陽光発電所である。

本発電所は1981年に発電が停止された火力発電所(松山発電所)の跡地に建設が進められ、1996年3月には0.9万m2の敷地に6,358枚の太陽電池パネルを設置して部分的な発電を開始した。その後、第1期と第2期の2回に分けてこれらの発電設備の増設を進めており、2010年4月に着工され2010年12月1日に完了した第1期工事では、発電能力は従来の300kWから2,042kWに増加した。第1期工事では、約2.7m2に1.5m×99cm×46mmの京セラ製太陽電池パネルを9,024枚増設し、総工費は11億円とされる。四国電力では第1期での増設部を含めてすでに営業運転を開始しており、1年間の発電電力量は約220万kWhを、CO2排出量は約700トン削減できると見込んでいる。2020年度までに第2期工事による増設を行い、4,300kWまで出力を増やす予定とされる[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 四国電力Webページ 「太陽光発電所」
  2. ^ asahi.com 「メガソーラー、四国初の運転 四電松山太陽光発電所」

関連項目[編集]