松尾恒一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松尾 恒一(まつお こういち、1963年 - )は、日本の民俗学者、国立歴史民俗博物館教授総合研究大学院大学教授、千葉大学大学院客員教授、法政大学沖縄文化研究所研究員。

略歴[編集]

東京都生まれ。1985年國學院大學文学部卒、95年同大学院文学研究科博士後期課程修了、「延年の芸能史的研究」で文学博士。96年國學院大學文学部専任講師、99年助教授、2001年同日本文化研究所兼担助教授、2002年国立歴史民俗博物館助教授・04年総合研究大学院大学助教授(併任)、07年准教授、10年教授。このほかに、和光大学、学習院大学、立教大学、上智大学、中国華東師範大学集中講義等に非常勤講師として出講した。

この間、日本民俗学会理事、東北大学「東北大震災と地域文化遺産に関わる応用人文学研究ユニット」評価委員、国立劇場民俗芸能・琉球舞踊公演専門委員(2021年度・委員長)、東京薬科大学後援会、儀礼文化学会専門委員、法政大学沖縄文化研究所研究員等を務めた。2016年中国莆田学院大学・福建省主催、媽祖文化国際シンポジウムにて論文「明代後期、日本をめぐる国際関係と媽祖信仰―鄭芝龍・鄭成功の史跡と文化資源化―」により、2018年同主催、媽祖国際シンポジウムにて論文「香港坪洲島天后宮と中元節の考察―媽祖信仰と先祖祭祀に注目して―」により優秀論文賞受賞。2020年中華媽祖文化交流協会主催、第三回 媽祖文化論文国際コンテストにて論文「清代海商的航海与妈祖文化信仰的历史与传承(清代海商の航海と媽祖信仰、歴史と伝承)」により優秀論文二等奨受賞。

著書[編集]

編著・共著、監修
  • 松尾他編『神楽の中世 宗教芸能の地平へ』三弥井書店 2021 ISBN 978-4-8382-3386-1
  • 松尾他編『ハワイの日系人と太平洋戦争-追放・排除と包摂-』 国立歴史民俗博物館『歴史研究の最前線』vol.22 2020年 NCID:BB30099314
  • 『儀礼を読みとく』吉川弘文館 2006 国立歴史民俗博物館『歴史研究の最前線』7
  • 松尾他共著『祭りの快楽』吉川弘文館 2009 日本の民俗 9巻 ISBN 9784642078764
  • 『琉球弧 海洋をめぐるモノ・人、文化』国立歴史民俗博物館共編 岩田書院 2012 ISBN 978-4-87294-745-8
  • 『東アジア世界の民俗: 変容する社会・生活・文化』 勉誠出版 アジア遊学215 2017 ISBN 978-4-585-22681-9
  • 『日本の祭り 大図鑑』全4巻 ミネルヴァ書房 2015 ISBN 978-4623072354
  • 『みたい!しりたい!しらべたい!日本の神さま絵図鑑〈1〉願いをかなえる神さま』 ミネルヴァ書房 2012年 ISBN 978-4623064663

 他、編著書・論文多数

参考[編集]

  • 松尾恒一国立歴史民俗博物館.2020年1月28日閲覧。