松室重光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松室 重光(まつむろ しげみつ、1873年4月26日 - 1937年1月30日)は、京都を中心に多くの建築物の設計を手がけた建築家ネオ・ルネサンス様式の名建築として知られる京都府庁舎旧本館や、京都ハリストス正教会聖堂などの設計などで知られる。

京都府技師として新築設計を手がける一方で、京都の社寺建築の修復・保存にも実績を残したが、部下の汚職に連座したとして官職を辞す。その後は九州鉄道技師を経て、恩師・辰野金吾の推薦により関東州旅順大連地域)の行政機関である関東都督府民政部に着任した。1908年3月の着任から近藤伊三郎が部下となる1916年8月までの8年間は、民政部土木課の唯一人の建築技師だった。この期間に関東都督府が建設した20件を超す建築物の殆どに設計者として関わったと見られ、16件については自筆のスケッチが残されている。

経歴[編集]

京都ハリストス正教会聖堂
京都府庁舎旧本館
大連市役所
大学院に進学し、在籍のまま京都市の嘱託技師となる
  • 1898年(明治31年)京都府技師となる
  • 1904年(明治37年)京都府を退職
  • 1905年(明治38年)九州鉄道株式会社技師となる
  • 1908年(明治41年)関東都督府技師となる
  • 1917年(大正6年)土木課長に就任
  • 1920年(大正9年)満洲建築協会の初代会長に就任
  • 1922年(大正11年)関東都督府を依願退職
  • 1923年(大正12年)大阪電気博覧会嘱託となる
  • 1927年(昭和2年)片岡建築事務所に入所
  • 1930年(昭和5年)松室建築事務所を開設
  • 1937年(昭和12年)逝去

主な作品[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本建築協会80年史(日本建築協会編)
  • 関西の近代建築(石田潤一郎著)
  • 西澤泰彦 『海を渡った日本人建築家』 彰国社、1996年ISBN 4-395-00444-X