松原勝也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松原勝也
学歴 東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程
職業 ヴァイオリン奏者
公式サイト http://tsdb.geidai.ac.jp/profile/ja.07d9b7aeaa3c87a3.html

松原勝也(まつばら かつや、1963年 - )は、東京生まれのヴァイオリン奏者東京芸術大学音楽学部教授

経歴[編集]

東京芸術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻をへて東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。

その後1989年から1999年まで新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターを歴任し、バッハから現代までの無伴奏リサイタルや即興などにもとりくむ。ジャズミュージシャンとの競演などクラシックにとどまらない演奏活動を続けている。

ソリストとしては、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団東京交響楽団オーケストラ・アンサンブル金沢神戸市室内合奏団など主要オーケストラと共演した。室内楽奏者としては、ヨーヨー・マピーター・ゼルキンチャールズ・ナイディック等と共演した。さらに、ギタリスト福田進一渡辺香津美とのデュオ、トリオとしても活躍[1] している。プレアデス・ストリング・クァルテットのメンバーとして、ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲シリーズに取り組んだ。水戸室内管弦楽団メンバー。

演奏活動以外では、霧島国際音楽祭講師や第一生命ホール・若手演奏家のためのアドヴェントセミナー講師をつとめている。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松原勝也+ 変幻自在のヴァイオリニストが挑む、達人たちとの超セッション