松井進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松井 進(まつい すすむ、1971年7月4日[1] - )は、盲導犬を普及させる会アドバイザー。盲導犬への理解と普及のために講演活動をおこなっている。

略歴[編集]

千葉県生まれ。先天性緑内障を患う。1990年千葉県立千葉盲学校卒業。ペンシルバニア州にある米国オーバーブルック盲学校インターナショナルプログラムへ参加。コンピュータプログラマーの訓練を受ける。

1992年点字による公務員採用試験を受けて千葉県庁に入庁。千葉県文書館に配属。地方公務員となる。

1993年、盲導犬クリナムと歩き始める。1999年、クリナムがリタイアしたため、盲導犬アンドリューと歩き始める。2007年、アンドリューがリタイア、盲導犬ロミオとパートナーになる。アイメイト協会同窓会会員。[2]

著書[編集]

  • 「二人五脚」(2001年実業之日本社
  • 「盲導犬ハンドブック」(2002年文藝春秋
  • 「盲導犬アンドリューの一日」(鈴木びんこ絵、2002年、ポトス出版)
  • 「見えない目で生きるということ」(2003年明石書店
  • 「わかる!盲導犬のすべて 138のQ&Aで疑問に答えます」(2004年、明石書店)
  • 「Q&A盲導犬 ともに暮らし、ともに歩き、広がる社会」(2007年、明石書店)
  • 「盲導犬の訓練ってどうするの?-視覚障害当事者の歩行訓練体験記」(2011年、生活書院)

脚注[編集]

  1. ^ 「見えない目で生きるということ」10頁。
  2. ^ 「見えない目で生きるということ」「Q&A盲導犬」の著者プロフィール欄より。

外部リンク[編集]