松井康成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松井 康成(まつい こうせい、1927年昭和2年)5月20日 - 2003年平成15年)4月11日)は、日本の陶芸家。国の重要無形文化財練上手(ねりあげで)」保持者(人間国宝)。本名、美明練上手という技法を集大成し、伝統技術を基盤にした現代の個性豊かな陶芸のあり方を提示した。

長野県北佐久郡本牧村(現:佐久市)生まれ。戦時中に茨城県笠間町(現:笠間市)に疎開する。旧制神奈川県立平塚工業学校明治大学文学部文学科卒業。

略歴[編集]

代表作[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]