松井圭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松井 圭介(まつい けいすけ、1958年 - )は、日本地方公務員愛知県企業庁長を経て、愛知県副知事上飯田連絡線代表取締役社長

人物・経歴[編集]

愛知県一宮市出身。愛知県立一宮西高等学校卒業後[1]、1981年に名古屋大学法学部を卒業し、愛知県入庁[2]地域振興交通対策課長[3]政策企画局政策調整課長[4]総務部人事局長[5]、政策企画局長等を経て、2018年愛知県企業庁長。2019年には石原君雄の後任として副知事に就任し[4][6]防災安全局、建設局、都市整備局、建築局、スポーツ局を担当[7]するとともに、ラグビーワールドカップ2019組織委員会理事[8]愛知・名古屋アジア競技大会組織委員会評議員[9]上飯田連絡線代表取締役社長等も兼務[10]中央新幹線南アルプストンネル掘削問題では、難波喬司静岡県副知事の訪問を受け、対応にあたった[11][12]

脚注[編集]