松井信勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松井 信勝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地  台湾
生年月日 (1921-04-25) 1921年4月25日(96歳)
身長
体重
164 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 1946年
初出場 1946年4月27日
最終出場 1948年11月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松井 信勝(まつい のぶかつ、1921年4月25日 - )は、台湾出身の元プロ野球選手。ポジションは二塁手三塁手遊撃手

来歴・人物[編集]

台湾に生まれる。嘉義中学在学中に、1937年夏の甲子園1939年夏の甲子園に出場。当時のチームメイトに木場巌(のち金星、大映)がいた。卒業後は、早稲田大学でプレーした。

1946年パシフィックの結成に参加。1947年11月11日の金星戦(後楽園球場)で、相手投手の重松道雄に対し、一打席最多投球数の日本記録(19球)を樹立した。結果は四球で、13球ファウルで粘った末の出塁だった[1]。この記録は、後に明石健志2012年7月7日ソフトバンク、相手は乾真大日本ハム〉。結果は四球。)[2]鶴岡一成2013年8月24日DeNA、相手は山口鉄也巨人〉。結果は三振。)[3]がタイ記録で並んだものの、依然日本記録として残っている。このように打率は低かったが、選球眼の良さ(通算成績でも四球数が三振数を上回っている)でチームに貢献した。1948年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1946 パシフィック
太陽
大陽
85 307 272 19 65 9 3 1 83 16 12 2 3 -- 31 -- 1 22 -- .239 .319 .305 .624
1947 108 361 312 31 61 10 2 0 75 17 4 1 9 -- 39 -- 1 25 -- .196 .287 .240 .527
1948 36 73 66 1 7 0 1 0 9 4 2 1 2 -- 5 -- 0 8 -- .106 .169 .136 .305
通算:3年 229 741 650 51 133 19 6 1 167 37 18 4 14 -- 75 -- 2 55 -- .205 .289 .257 .546

背番号[編集]

  • 25 (1946年 - 1947年)
  • 6 (1948年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]