松下竜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松下 竜一
(まつした りゅういち)
誕生 (1937-02-15) 1937年2月15日
日本の旗 日本大分県中津市
死没 (2004-06-17) 2004年6月17日(満67歳没)
職業 歌人小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 大分県立中津北高等学校卒業
活動期間 1969年 - 2004年
ジャンル 短歌記録文学
代表作 豆腐屋の四季』(1969年)
『砦に拠る』(1977年)
『ルイズ 父に貰いし名は』(1982年)
『狼煙を見よ』(1987年)
主な受賞歴 講談社ノンフィクション賞(1982年)
デビュー作 豆腐屋の四季』(1969年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

松下竜一(まつした りゅういち、1937年昭和12年)2月15日 - 2004年平成16年)6月17日 )は、日本小説家歌人大分県中津市出身。大分県立中津北高等学校卒業。主要な作品は、記録文学。初期の代表作は、『豆腐屋の四季』。

略歴[編集]

1937年2月15日、大分県中津市で誕生。生後まもなく肺炎で危篤状態になる。高熱により右目を失明。結核療養のため四年かかって高校卒業後の浪人中、1956年5月8日に母(46歳)が急逝したために進学を断念し、父親の豆腐屋を手伝い始める。豆腐の配達で小さな雑貨店の女主人とその娘(のちの義母と妻)と知り合う。

朝日新聞の短歌欄に投稿し、歌集『豆腐屋の四季』を自家出版。地方の青年のやるせない気持ちを綴った歌集は評判を呼び翌年1969年4月に公刊、ドラマ化もされた。1970年7月9日、豆腐屋を廃業。初のノンフィクション(ルポルタージュ)作品である『風成の女たち』では、セメント工場誘致に反対する女性たちの活躍に力点を置いたために、反対運動の中心的人物だったという男性から抗議(絶版要求)を受け、ショックを受ける。自らの反公害・反開発運動を基にした『暗闇の思想を』を記し、隔離されたハンセン病患者の詩人・伊藤保の評伝『檜の山のうたびと』、山林地主・室原知幸を中心に下筌ダム反対運動を書いた『砦に拠る』など、ノンフィクション作品を発表。その一方で、自らの息子に読ませるつもりで、児童文学も手がけるなど幅の広い著作活動を行う。

甘粕事件によって殺害された大杉栄伊藤野枝の娘である、伊藤ルイの半生をたどる『ルイズ - 父に貰いし名は』で、1982年に第4回講談社ノンフィクション賞を受賞。

以降、大杉栄の同志、和田久太郎の評伝『久さん伝 - あるアナキストの生涯』、東アジア反日武装戦線を題材とした『狼煙を見よ』、ダッカ日航機ハイジャック事件で一般受刑者ながら出国し、日本赤軍の活動に参加した泉水博を書いた『怒りていう、逃亡には非ず』といった、テロリストを題材とし、彼らの活動を全面的に肯定しないものの、同情もしくは賛同的に書いたために、当局から過激派シンパとみなされ、自宅を家宅捜査されたこともあった[1]。松下はこの過激派シンパというのは捜索の口実で、市民運動・反原発運動潰しではないかと記している[2]

1996年、自らが発行人の「草の根通信」掲載のエッセイをまとめた『底ぬけビンボー暮らし』を刊行。著作があまり売れず、収入が低く、毎年確定申告で(ほぼ全額)戻ってくる原稿料の源泉徴収がボーナス代わりなど、ビンボー暮らしをあっけらかんと語る。1998年には、デビュー作以外それほどヒットした作品があるわけではない作家にしては異例の全集刊行(『松下竜一その仕事』)が開始。

2004年6月17日、(脳内出血による一年間の闘病後)永眠。家族と病身を守るため、終生、生家を捨てず。享年67。

エピソード[編集]

テレビドラマ化した『豆腐屋の四季』に主演した、当時売り出し中の若手俳優緒形拳による主人公像を期待して、放映当時(1969年 - 1970年)、店頭をのぞきに集まった小学生たちには、意外な偏屈おやじとの評価が多かった、といわれる[誰によって?]一方、同い年である緒形と、その面影が似ているという女性ファンもいたらしい[独自研究?]。晩年、緒形拳に、わたしもそろそろ室原知幸さんを演じられる年齢になったのでは、という便りをもらった、と緒形がかねてから『砦に拠る』の映画化を構想していることをエッセイで明かしていた[要出典]

「中津の自然を守る会」を結成し、事務局長として行動を始める。この1972年(昭和47年)当時、豊前火力発電所建設反対運動につながり、九州随一の大企業である九州電力に反旗を翻す行動により、地元では奇人と見なす者が増えた。建設差し止め請求を起こすが敗訴し、その際に「アハハハ……敗けた、敗けた」という垂れ幕を掲げたというエピソードを佐高信が自著で紹介している[3]。佐高は松下を高く評価しており、自著で複数回取り上げている。

また、「草の根通信」を創刊する。この月刊誌は、「豊前火力絶対阻止・環境権訴訟をすすめる会」の機関誌として始められたが、のちにいうミニコミ誌としてテーマを拡げながら30年以上に渡り、松下の没後、380号で休刊になるまで刊行された。

作品[編集]

講談社文庫版のあとがきには、「長らく絶版となっていたが14年ぶりに復刊」と記されている。また、松下自身は同書を「ここ10年以上、一度も読み返していない」と述べている[4]

全集[編集]

作品提供[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • かもめ来るころ 〜松下竜一と洋子〜 (原作:「豆腐屋の四季」他、初演2008年、トム・プロジェクト

関連書籍[編集]

  • 新木安利著『松下竜一の青春』(海鳥社、2005年、ISBN 4-87415-531-6
  • 埼玉大学共生社会研究センター監修『復刻「草の根通信」1 - 戦後日本住民運動資料集成 1』(単行本、すいれん舎、2006年、ISBN 978-4-902871-45-6
  • 埼玉大学共生社会研究センター監修『復刻「草の根通信」2 - 戦後日本住民運動資料集成 4』(単行本、すいれん舎、2008年、ISBN 978-4-903763-73-6
  • 下嶋哲朗著『いま、松下竜一を読む —やさしさは強靱な抵抗力となりうるか』(岩波書店、2015年、ISBN 978-4-00-061031-5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐高信 『佐高信の筆刀両断』 現代教養文庫 1417(D-276) ISBN 4390114174、94p。佐高は「不当なガサ入れ」という表現を用いている。
  2. ^ 「それにもかかわらず嵐のような家宅捜索を展開しているのは、日本赤軍手配をいいことに、この際市民運動に徹底的なゆさぶりをかけようとしているのだ。たとえば私を日本赤軍の関係者の如く印象づけることで、高まっている伊方の出力調整試験の反対運動から分断しようとしているのだ。同時に全国的市民運動のネットワークを調べ上げたいという意図もあると思わねばならない(各種名簿があちこちで押収されている)。」『平和・反原発の方向 (松下竜一未刊行著作集 5)』p.221-222
  3. ^ 佐高信 『佐高信の新・筆刀両断』 講談社文庫 [さ-33-29] ISBN 978-4062753449、26-27p
  4. ^ 松下竜一 『豆腐屋の四季 ある青春の記録』 講談社文庫 [ま-10-2] ISBN 4061830589、312p。同書の解説は岡部伊都子が担当している。