松下満雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松下 滿雄(まつした みつお、1933年6月19日 - )は、日本の法学者東京大学名誉教授成蹊大学大学院法務研究科名誉教授。専門は経済法法学博士(東京大学、1968年)(学位論文「独占禁止法の域外適用」)。父は立教大学総長を務めた松下正寿。東京出身[1]

学歴[編集]

職歴[編集]

著作[編集]

社会的活動[編集]

その他の経済法学者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.343
  2. ^ 『研究者・研究課題総覧 1996: 法学・経済学』電気・電子情報学術振興財団 編、文部省学術情報センター 監修、紀伊國屋書店、1997年2月21日、117頁。全国書誌番号:97038806ISBN 978-4314101240OCLC 170123441ASIN 4314101245