松下満雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松下 滿雄(まつした みつお、1933年6月19日 - )は、日本法学者東京大学名誉教授成蹊大学大学院法務研究科名誉教授。専門は経済法法学博士(東京大学、1968年)(学位論文「独占禁止法の域外適用」)。父は立教大学総長を務めた松下正寿。東京出身[1]

学歴[編集]

職歴[編集]

著作[編集]

  • 『経済法概説』(東京大学出版会、初版1986年、第3版2001年)
  • 『国際経済法』(有斐閣、初版1988年、第3版2001年)
  • "International Trade and Competition Law in Japan" (Oxford University Press、1993年)

社会的活動[編集]

その他の経済法学者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.343