松下哲成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松下 哲成
まつした てつなり
Matsushita Tetsunari.JPG
生年月日 1856年2月22日
出生地 鳥取県西伯郡境町
(現境港市
没年月日 (1928-01-18) 1928年1月18日(71歳没)
親族 松下道蔵(第16代境町長)

第8代境町
在任期間 1913年11月 - 1915年6月

郡会副議長
在任期間 1911年10月 - 1919年9月
テンプレートを表示

松下 哲成(まつした てつなり、安政3年2月22日1856年3月28日) - 昭和3年(1928年1月18日)は日本実業家政治家。元鳥取県西伯郡境町長。元境町会議員、郡会副議長。元境町学務委員。伯州境港の豪商[1]

経歴[編集]

境町に生まれた[1]。吉三郎の四男[1]。幼名を虎之助と称す[2]。夙に算数の術に長ず[2]

年甫二十五歳の時、厳君の許容を得、資を分つて同町に分家を創立し鉄石油商を開始した[2]

日本海上火災保険等の代理商を営むほか、ニューヨークスタンダード石油等の販売商として手広く商いに励み、その傍ら政治にも関心をもった[3]

若くして町会議員に立ち、町長就任時には郡会副議長の要職にあった[3]

大正3年(1914年)町の将来的発展と貨客の便を図るため、境駅を現在地に移し、お台場までの中心道路新設改修を計画、一部竣工させた[3]

家族・親族[編集]

松下家[編集]

鳥取県西伯郡境町栄町[4](現境港市

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『島根鳥取名士列伝、下』百七
  2. ^ a b c 『島根鳥取名士列伝、下』百八
  3. ^ a b c 『境港市史 上巻』(昭和61年(1986年、535頁)
  4. ^ a b 『境港市史 上巻』(昭和61年、540頁)

外部リンク[編集]