杵築市ケーブルネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杵築市ケーブルネットワーク(きつきしケーブルネットワーク、愛称:杵築ど〜んとテレビ、略称:KDT)は、大分県杵築市が運営しているケーブルテレビ局である。

杵築市営ケーブルテレビ(杵築どーんとテレビ)
種類 公営
略称 KDT
本社所在地 日本の旗 日本
873-0001
大分県杵築市大字杵築377-1
(杵築市役所 3階)
設立 2003年(平成15年)7月23日
(サービス開始2004年(平成16年)4月1日
業種 情報・通信業
外部リンク 杵築ど〜んとテレビ
テンプレートを表示

本社所在地[編集]

杵築市ケーブルネットワークがある杵築市役所
〒873-0001
大分県杵築市大字杵築377番地1(杵築市役所3階)

サービスエリア[編集]

テレビ放送サービス[編集]

主な放送チャンネル[編集]

NHK-G NHK-E NNS JNN FNS ANN TXN JAITS
NHK大分 NHK大分 テレビ大分
福岡放送
大分放送 テレビ大分
テレビ西日本
大分朝日放送 TVQ九州放送
アナログ デジタル 放送局
1 D111[11](※1)[1] 杵築市民チャンネル1
2 D121[12](※2)[2] 杵築市民チャンネル2(天気情報)
3(※3)[3] D011[1] NHK大分総合
4(※3)[3] D021[2] NHK大分Eテレ
5(※3)[3] D031[3] 大分放送
6(※3)[3] D041[4] テレビ大分
8(※3)[3] D051-0[5] 大分朝日放送
D051-1[6](※4)[4] 福岡放送
D071[7](※5)[5] TVQ九州放送
D081[8](※4)[4] テレビ西日本
B101  NHKBS1
B103 NHKBSプレミアム
B141 BS日テレ
B151 BS朝日
B161 BS-TBS
B171 BSジャパン
B181 BSフジ
B191〜B193 WOWOW
B200〜B202 スター・チャンネル
B211 BS11デジタル
B222 TwellV
B231 放送大学BSテレビ
B531 放送大学BSラジオ
B910 WNI・910
C007(※6)[6] チャンネル700
11 C021 J SPORTS 3
C022 J SPORTS 1
C023 J SPORTS 2
C024 J SPORTS 4
C025 GAORA
C027 ゴルフネットワーク
C030 チャンネルNECO
C031 衛星劇場
C032 ザ・シネマ
C033  日本映画専門チャンネル
C044 ホームドラマチャンネル
C045(※6)[6] スーパー!ドラマTV
C046  AXN
C048(※6)[6] ファミリー劇場
C049(※6)[6] チャンネル銀河
C051 フジテレビONE
C052 フジテレビTWO
C053 フジテレビNEXT
C054 TBSチャンネル1
C056 日テレプラス
C057 エンタメ〜テレ
C059(※6)[6] Mnet
C061(※6)[6] テレ朝チャンネル2
C067 アニマックス
C070 TBSニュースバード
C077(※6)[6] ヒストリーチャンネル
C081 歌謡ポップスチャンネル
C082 スペースシャワーTV
C218 日テレG+
C223(※7)[7] V☆パラダイス
C224(※8)[8] IMAGICA BS
C225(※9)[9] 東映チャンネル
C233(※10)[10] FOX
12 C234(※11)[11] 時代劇専門チャンネル
C237 AXNミステリー
C242 キッズステーション
C244(※12)[12] アニメシアターX
C245 テレ朝チャンネル1
C251 日経CNBC
10 C252 日テレNEWS24
C259(※10)[10] ナショナルジオグラフィックチャンネル
C270 囲碁・将棋チャンネル
9 C271 ショップチャンネル
C272 QVC
C275 大人の趣味と生活向上◆アクトオンTV
C278 食と旅のフーディーズTV
C285 グリーンチャンネル1
C286 グリーンチャンネル2
脚注
[ヘルプ]
  1. ^ (※1):2008年3月31日からハイビジョン・データ放送開始
  2. ^ (※2):2008年3月30日にデジタルのみ一旦放送終了したが、2014年7月1日より再開予定
  3. ^ a b c d e (※3):2011年7月1日よりデジアナ変換による放送
  4. ^ a b (※4):2008年9月1日よりデジタルSTBのみで地上デジタル放送開始(市販の地上デジタルチューナーなどでは見られない)
  5. ^ (※5):2010年4月よりデジタルSTBのみで地上デジタル放送開始(市販の地上デジタルチューナーなどでは見られない)。
  6. ^ a b c d e f g (※6):2014年4月1日より放送開始
  7. ^ (※7):2014年4月1日からHD画質化のためC037にチャンネル変更
  8. ^ (※8):2014年4月1日からHD画質化のためC039にチャンネル変更
  9. ^ (※9):2014年4月1日からHD画質化のためC038にチャンネル変更
  10. ^ a b (※10):2014年3月31日で放送終了
  11. ^ (※11):2014年4月1日からHD画質化のためC034にチャンネル変更
  12. ^ (※12):2014年4月1日からHD画質化のためC069にチャンネル変更
  • アナログ多チャンネルサービスは平成23年4月30日をもって終了した
  • 平成24年4月1日よりプレミアムパックのサービスを開始した。(同年3月14日から31日までは無料試験放送を行った)
  • プレミアムパックはデジタルプラス加入が前提
  • 有料チャンネルはデジタルプラスまたはデジタルミニの契約が前提

自主放送[編集]

市民チャンネル1[編集]

通称:ど〜んとテレビ

OFDM:111ch / 112ch (リモコン番号:11

・放送時間...6:00〜25:00(午前1:00)、1:00〜6:00は情報番組を放送(市民チャンネル1の基本番組表)  

  • 放送時間...6:00〜25:00(午前1:00)、1:00〜6:00は情報番組を放送(市民チャンネル1の基本番組表)

自主製作番組

  • ど〜んとチャンネル(月曜・木曜更新、HD制作)
    • 内容は「ど〜んとトピックス(市内の出来事)」と「企画のコーナー」と「ど〜んとインフォメーション(市内の情報)」の放送開始当初からのコーナー3本と、「お誕生日おめでとう」(月曜、2008年3月末まではど〜んとチャンネル放送終了直後に文字放送枠で放送していた)と「週末イベント情報」(金曜)の2008年4月期の番組リニューアル時から始まったコーナー2本を基本のコーナーとして放送している。
    • 番組終了後は文字放送を流していて、広告や市内と市役所からの情報を流している。
    • 県内一部のCATV局でも放送されている。
  • 文字放送
  • 杵築の風景

県内CATV局・DNC製作番組

またOCT製作番組ではOCTのウォーターマークが表示されている。

その他の番組

備考

  • 2008年3月31日よりハイビジョンデータ放送を開始した(データ放送は市からの情報や生活情報などがメイン)。
  • 2010年9月30日よりアナログ放送のど〜んとチャンネルが4:3から16:9レターボックスに変更となった。
  • 他局のようにアナログ放送の「アナログ」の文字やデジタル放送のウォーターマークはない。
  • 時々特番を組むことがある(市中体連の特番や、市議会の議会中継(録画放送)など)。
  • 毎年8月中旬に行われる花火大会を生中継している。
  • 自主制作枠は1枠1時間で平日・土曜には1日7枠あり、6枠は自主制作番組の「ど〜んとチャンネル」を放送していて、14:00からの1枠は「杵築の風景」として市内の定点カメラの映像を放送している。

市民チャンネル2(アナログ2ch)[編集]

  • ウェザーニューズ配信の天気予報を放送している
  • デジタル放送での放送は2008年3月30日に放送を終了したが、2014年7月1日に121chで再開予定。

ケーブルインターネット[編集]

平成26年度よりケーブルインターネットサービスは、大分ケーブルテレコム株式会社に業務移管した。

音声告知システム[編集]

  • CATV網を使って宅内に設置した音声告知機から行政情報や防災情報等のお知らせや、任意でグループごとに音声情報を発信できるサービス
  • 音声告知機に電話機を接続することにより告知機設置世帯同士であれば通話料が無料で通話できるIP電話機能もある
  • しかし、これを使用しているのは市内の一部の学校などの公共施設の一部なので、市民にはあまり知られていない(KDTが宣伝していたのは2004年のサービス開始当時のみだったから)。
  • 2016年末ーでにサービス終了スしたさ

防災ラジオ[編集]

ケーブルテレビ網を利用して、宅内に設置した専用端末から防災情報を受信できるサービス。 平成26年度から実施予定の市の災害対策の一つとして無償提供されるもの。 1世帯1台までは基本的に工事費も市の負担となる。 ケーブルテレビ未加入者でも防災ラジオのみの設置もできる。

補足[編集]

  • セットトップボックスはパイオニア製(BD-V370、BD-V371LC、BD-V8700R)や最近ではパナソニック社製の(TZ-LS300P、TZ-BDT900F)を運用している
  • デジタル放送はJDS (HOG)を使用している。
  • 地上デジタル放送の再送信は
    • 地元地上波は2006年12月20日から始まった(周波数同一パススルーでの再送信のため市販の地上デジタルチューナーで見ることができる。同時に自主放送のチOFDMでのを始めた)。
    • 区域外(福岡)地上局の地上デジタル放送は2008年9月1日よりテレビ西日本福岡放送の再送信が開始された(再送信開始について。トランスモジュレーション方式による再送信のため、市販のデジタルチューナーでは見られず、デジタルプラスに加入してセットトップボックスを使用しなければ見ることができない。FBSはOABとチャンネル番号が被っている為枝番号が付いていて、リモコンキーIDも6に変更されている)。
      • TVQ九州放送は再送信許可が下りたため2010年4月より再送信を開始した。
  • 県内地上波と衛星放送波の受信点は市役所(ケーブルセンター)の横の高台に別に置いている。区域外波の受信点は大田地区の横岳にあり、北九州局を受信し光ファイバーでケーブルセンターに伝送しているほか、大分県デジタルネットワークセンターへも伝送波ている。のサブ受信点として鶴見岳にある大分ケーブルテレコムCTBメディアの共同受信設備を使っている(この受信点は大分県デジタルネットワークセンターの共同受信設備として県内のケーブルテレビ局で直接福岡波が受信できない局も使用している)。
  • ケーブルテレビ内に導入しているHDノンリニア編集システムは全てカノープス(現トムソン・カノープス)社製のREXCEEDシリーズを導入し、番組サーバは同じくトムソン傘下のグラスバレージャパンのK2システムを導入している(参考リンク)。
  • 杵築市内11ヵ所に12台の定点カメラを置いている(定点カメラ、場所は杵築地区「八坂川下流」「高山川」「守江湾」「加貫港」「杵築城」、大田地区「横岳」、山香地区「山香生コン前のカーブ」「立石峠」「甲尾山(2台設置)」、台風が来たときなどに市民チャンネルで放送している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]