杵屋勝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杵屋 勝太郎(きねや かつたろう)は、長唄三味線方・唄方の名跡。4代目以降上方で移住し活躍。4代目は三味線方、5代目は唄方。

初代[編集]

2代目[編集]

3代目[編集]

4代目[編集]

明治18年(1885年7月3日 - 昭和41年(1966年4月22日)本名は高橋善三郎。

東京神田の生まれ、3代目勝太郎、3代目杵屋勝三郎に師事し勝吉を名乗る。1911年に4代目勝太郎を襲名。劇場での長唄をやっていたが個人の独演会に専念。主な作曲に「井筒業平」「風流陣」「可祝の柳」「新七福神」等がある。

1923年関東大震災では大阪に移住、その後戦中、戦後と大阪で活躍した。

主な受賞に勲五等双光旭日章など。関西長唄協会会長、長唄協会顧問等を務めた。

5代目[編集]

(明治39年(1906年9月15日 - 昭和63年(1988年4月18日)本名は高橋慎之助。

東京の生まれ、4代目勝太郎の養子。1967年に太十郎から5代目勝太郎を襲名。長唄協会常務監事を務めた。

6代目[編集]